あの「P DIDDY」が直接コメント。KENTO MORIのInstagramでの初のDANCE FOR 1投稿にて

当サイトでも度々取り上げているカリスマカンタローとKENTO MORIによるプロデュース、そして日本の名だたるダンサー達がアンバサダーを務める「DANCE FOR 1」。こちらがInstagramからの投稿も可能になったことは先日もお伝えしたが、KENTO MORI初のInstagramによる#dancefor1の投稿


当サイトでも度々取り上げているカリスマカンタローとKENTO MORIによるプロデュース、そして日本の名だたるダンサー達がアンバサダーを務める「DANCE FOR 1」。こちらがInstagramからの投稿も可能になったことは先日もお伝えしたが、KENTO MORI初のInstagramによる#dancefor1の投稿は、先日BET AWARD2015でP DIDDYがPharrell Williamsとのフィーチャリングで発表した『Finna Get Loose』を使ってのモノだった。

この曲は発表後にSnoop Dogや、Chris Brownが自身のInstagramでもダンスの動画をアップするなど世界中に驚異的なスピードで拡がっており、KENTO MORI自身も彼のこの曲に対するメッセージを受け取り自身で子供達と楽しく踊る動画をアップ。実は何とその投稿に、正真正銘の「超」大物アーティストであるP DIDDY本人が動画に直接コメントを付けたとの情報が入って来た。

彼自身が語るこの曲のコンセプトは「ダンスが上手いとか下手とかじゃない。ただ流れたら皆が気持ちよく体をのせる為の曲だ」という意味でのFinna(Finally,やっと、最終的に) get loose(抜け出す、緩める)ということで、曲の意味あいもDANCE FOR 1のコンセプトと見事にマッチ。


wats it’s puff. That was dope. I wanna cm to Japan
”元気?P DIDDYだよ、動画ヤバかったよ。日本で広めたいよ。”

そんなKENTO MORIとカリスマカンタローからも直接コメントが届いている。

KENTO MORI「本当に、昨日、一昨日起きたホットな出来事です。このDANCE FOR 1に対して評価をしてくれた彼に感謝と敬意を持ちつつ、僕たちが一つになれる手軽で便利なツールとして皆さんでどんどん発信して行きましょう。」

カリスマカンタロー「現在はこのように日本で動画を上げた数時間後には海外の大物アーティストからコメントが来る夢の様な時代。DANCE FOR 1を通じて掴めるかもしれないこのチャンスを有効に活用して行きましょう。」

日本でも拡がって欲しいというアーティスト本人のコメントを受けて、カリスマカンタローとKENTO MORIが7月末までの期間でFinna Get Looseによる#dancefor1投稿プロジェクトを遊びで考えた!