優勝はならずとも、観覧者からは称賛の声。LAダンス大会にGRAND MASTER CREWが出場。


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

11/20ロサンジェルス パサディナにて、16年開催されてる老舗ダンスコンペティション“MAXOUT2016”に、コレオグラファーHIRO率いるGRAND MASTER CREWがチャレンジした。幾つかのカテゴリーに分かれている中、GRAND MASTER CREWは、Minor Divisionに参戦、惜しくも近差にて4位だった。

20161120_235445

しかし、日本人初参戦だった為、会場は異常な盛り上がりを見せ、現地のCREWをはじめ、観覧者から沢山の称賛を受けた。

今回惜しくも、受賞を逃したが、YOUTUBE側から、GRAND MASTER CREWを全米で紹介しバックアップしたいという異例のオファーを受けた。
更に、優勝したチームからは『俺らが優勝したが、本当は君達が優勝だ!俺らじゃない‼』といって優勝者のメダルを貰うという、日本では考えられない感動的なドラマがあった。さすがアメリカだ。
昨今、海外で日本人が多々受賞しているが、受賞できなくても、こんな喜ばしい体験をすることが出来るというものだった。
GRAND MASTER CREWは、この体験によりダンス以外の人として大きな体験をし、更にこの地に戻る決意をCREW全体で決意したのだった。

この記事をシェアする