[ 肉体派ダンサーによる筋肉ブログ Dewzan ] ワンピース | Juju

Author
Category : Dancer ,

line@友達登録

今日が金曜日だとすっかり忘れてました。

どうも、Jujuです。

image

本日のメニューを紹介します。
逆立ちができていると練習すればすぐに出来るトレーニングです。

逆立ちのおさらいとポイントをもう一度紹介しておきます。
・イメージは手首に肘、肘に肩、肩に腰が乗っている。
・これをしっかり意識して上半身はガチガチに固める。
・肘に力を入れて腕は真っ直ぐ。
・顎を少し引いて目線は床(上目づかいで床を見る)
・固まりきった体に足が乗っていて、自由に動かせるように。
・手のひらをベタ手で着けるのではなく、床をしっかり握って指でバランスをとる。

image

この逆立ちがある程度マスター出来たら、次は座った状態から持っていけるようにしてみましょう。

まずは足を伸ばした状態で座ります。

image

次に腕を伸ばしお尻を浮かします。
足は真っ直ぐの状態。

image

この状態のまま足をクロスさせながら畳みます。

image

この時まだ足を浮かしてやるのは難しいと思うので写真のように
滑る床で靴下のままで足を擦らしながらやるといいです。

そのまま腰を後ろに引いてそのままお尻を上げて足をクロスさせた状態で腕の間に通します。通ったらそのまま後ろに伸ばして下さい。

image

この動きをまずは体に叩き込んでいきます。
ポイントは腕でしっかり体を支えながら、腹筋を使ってしっかり足を含み、腰とお尻で後ろに引っ張ってあげる事です。
これを何度も連続してやってください。

これが出来たら次はそこから逆立ちへ持って行く一番しんどい部分の練習です。

写真の状態の様にまずは構えてください。

image

この体勢から足を浮かすだけです。

image

いきなりは浮かないので、しっかりと全体重が腕に乗っている事を意識し、腹筋を使って足を浮かせてあげる。
腕だけに頼りがちになりますがお腹に力を入れて浮かせてあげると色んな部分に負担がかかるし浮かしやすくなります。

これを最低10秒は耐えれる様にしてください。

この二つと逆立ちができればあとは繋げていくだけです。

image

この一連の動きのポイントを整理。
・腕の力にだけ頼らずしっかり腹筋を意識して足を引っ張っていきます。
・足が後ろに来たら頭を少し下げ腰から上げて一気に引っ張って足を上に持ち上げる。
・腕で強く床を押すイメージ。

これを1日10セットやるだけでオッケー。
上半身の色んな部分を使います。一回の動きで腕はもちろん、肩、胸筋、腹筋、背筋、首が鍛えれます。

少し難しいですが初めて上に上がった時の感動は保証します。

是非トライしてみてください。

告知になりますが、
今年の夏、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催されているショー、『ワンピース・プレミア・ショー2016』に出演しています。長年携わらせていただいてるショーで今年も凄い見応えのあるものになっているので是非大阪に来られる際は見に来てください。

image

それではまた来週!

ブレイクダンスチームMORTALCOMBAT所属。ダンサー、エンターテイナー、CGデザイナー。
2003年からチームに所属しJAPAN DANCE DELIGHT4度の優勝、ブレイクダンスの世界大会BATTLE OF THE YEARの日本予選を3度優勝、決勝大会では準優勝とベストショー賞を受賞。数え切れない国内大会での優勝、チームで世界を周る舞台ツアーも果たす。テーマパークダンサーやCM出演、アーティストのバックダンサーなどもこなす。

JUJUのブログ一覧はこちら