マドンナツアーの中身を徹底解剖!だーよしによる今だからこそ明かす世界トップのツアーとは?(前編)


現在はTRIQSTARのリーダーとして活躍しているダンサー「だーよし」。過去に「はむつんサーブ」としてMADONNAのワールドツアーに同行したことは有名な話である。
これは恐らく日本のダンサー史上初めての快挙であり、歴史に残る偉業と言っても過言ではない。
今回はその「だーよし」が如何にMADONNAとの仕事をするに至ったのか?また、そのクラスのワールドツアーとはどのような物なのか?一つずつ紐解いてもらうべくインタビューを敢行した。

日本に居ながら、また、アメリカに移住して海外の仕事を目指すダンサーにとって非常に有益な情報だ。
それではまずは前編からお届けする。


本日はありがとうございます。本日はMADONNAツアーの全貌を語って頂けるという事で楽しみにしています。

だーよし
こちらこそよろしくお願い致します。本当に今更なんですが、僕がその昔2008年に「はむつんサーブ」としてMADONNAのワールドツアーに参加するに至った経緯、ツアー中の出来事やツーア中の日常など、経験した全部のことを紐解いて行きたいと思います。
今までこれはずっと色んな人に言われてきたことなのですが、ようやく落ち着いて喋る機会を頂いて嬉しく思っています。

ちなみに、今ではご存じない方も居るかも知れませんが、今は「TRIQSTAR」として活動していますが、2011年までは「はむつんサーブ」というダンスチームのメンバーとしても活動していました。

まず、この記事で僕が言いたいことは、「日本のダンサーは十分に世界に通用する」ということです。皆さんが知りたいであろうこともお答えしつつ、僕のどうしようもない自慢を交えて(笑)そんな感じのことを伝えることが出来ればと思っています。

それは楽しみです。今や日本のダンサーも多数名だたる世界的なアーティストの専属ダンサーを務める時代ですよね。ツアー中の待遇とか日々の生活とか、色々お聞きしてみたいです。

だーよし
はい。時間の許す限り思い出しながらお伝えしたいと思います。が、本編に行く前に、僕の心に決定的に響いた、かつ自分の想いを確信に変えてくれたストリートダンサーの言葉を紹介します。

LAのアニメーションスタイルの創始者の一人であるBOPPIN’ DRE、そしてNYはブロンクスのTWEETIEがJAPAN DANCE DELIGHTでジャッジをした時、違う年に来たのですが全く同じ内容のお話を僕らにしました。

「日本で生まれた日本人の貴方達にしか出来ないスタイルで、このスタイルにおいて貴方達はオリジネイターであり、このクリエイションこそがHIP HOPです。」と。

だからこそ僕は一番最初に教えて貰ったはむつんサーブのスタイルをかっこいいと思うことが出来たし、人と違う事をやる事にステイタスを感じる事が出来ました。
世界のショービジネスを動かす彼ら海外セレブと仕事をするには、何か明らかに人と違うことをするか、又は所謂「その道」で人より秀でるかの二択です。

大まかに言い換えれば、自分がやりたいことを成立させて誰かの目に止まるか、物凄い競争率の中這い上がって行くかということだと思います。もちろん例外も多々あるでしょうけど。

海外を目指すダンサー達はこれを見て励みになると思います。今更説明するのも…という気もしますが、はむつんサーブはオリジナルスタイルを見いだされて参加したということですね。

だーよし
そういう事だと思います。前置きはこの位にして、まずはマドンナとの仕事が決まった経緯からお話します。
それと、なにぶん2008年の事なので、微妙に事実と誤差があるかもしれませんが…その辺りの詳細はご容赦下さい。
僕、多少記憶を捻じ曲げる癖があるみたいで(笑)

PV出演、プロモツアー編

だーよし
2007年の終わりだったか、2008年の年明けだったか定かではありませんが、ある日僕の元に一通の電話がかかってきました。
ワーナーミュージックの方で、電話の内容は

「MADONNAが貴方達をyoutubeで発見して、自分のミュージックビデオに出演してくれないかという話をしています」

というものでした。
もし貴方の元に突然こんな電話がかかってきたらどうしますか?

いや…悪戯だと思いますね。

だーよし
ですよね?(笑)
当時の僕の反応は今で言う「塩対応」そのものでした。

その時期はテレビ(当時出演していた少年チャンプル、スーパーチャンプル等)で僕たちを見た大人が、いかがわしい話を持ちかけてくることも多々あったので、完全にその類の話だと思っていました。お話を訝しげに聞き電話を切った翌週か翌々週、気付いたら出演契約を済ませてロンドンに居ました。

スピード感が半端じゃないですね(笑)

だーよし
スタジオに入ると振付け師のRich & Tone(彼らはマイケル・ジャクソンの元専属ダンサーで、MSGのデビュー30周年ライブにも出演しています)、ジャスティン・ティンバーレイク、そしてマドンナが居て、順に紹介されました。
すぐにダンスに対する打ち合わせになり、あっという間に撮影が終わり、気付いたら日本に帰って来ていました。
この数日間は本当によく覚えていません。それほど目まぐるしくあっという間の出来事でした。

たしか撮影の模様が少しメイキング映像として残っています。僕のカタコト具合も見れるやつが(笑)

余談ですが、別れ際にマドンナは僕たちに「英語を話せるようになっておきなさい」と告げたようです。当時は全く英語がわからず通訳さんから聞きましたが。
今思えば、彼女はもうその時点でその後のことをプランニングしていたのかも知れませんね。

結果、そうなった訳ですからね。今お聞きしたスピード感だと、もう決めていたんだと思います。日本人として初めて彼女と仕事したダンサーとして、何か感じる事はありましたか?

だーよし
「日本人ダンサーで初めてMADONNAと仕事をした」という事実はその時は個人的にはそんなに実感が無く、自分の身に何が起きているのかよく理解出来ていませんでした。その名誉と重みを肌で感じるのはもっと時間が経ってからでしたね。

帰国後、日本でビデオの完成を待っている間、今度は僕達が出演したMADONNA feat. Justin Timberlake”4 Minutes”を含む「HARD CANDY」というアルバムの完成、ワールドツアーに先駆けたプロモーションツアーをニューヨーク、パリ、ロンドンで行うのでそれに参加して欲しいという打診があり、約3週間に渡り行って来ました。

怒涛の勢いで突入したアメリカ生活で、帰って寝るだけなのにホテルは星がたくさん付いている世界展開の某ホテル。
リハーサルはブルックリンにあるステイナー・スタジオというバカでかいスタジオで、本番そのままのセットを組んで行います。

そして、MADONNAは毎日黒塗りのエスカレードに乗って登場します。マーシャルアーツの達人であるという「米軍が誇る人間最終兵器」みたいなやつと一緒に(笑)。ちなみに、この彼は本当にいい人でした。

なるほど…人格も含めての抜擢ですね(笑)

だーよし
事前のオーディションを通過した初対面のダンサー達と会い言葉もよく分からない中リハーサルがスタートしました。
全参加者の中でオーディション無しで参加したのは僕達だけだったので、自分達のジャンル以外のことが出来無さすぎて皆びっくりしたことでしょう。

が、僕達が自分の踊りをし始めると物凄い反応でした。それなんていうステップ?それどうやるの?と。
振り付け師も「オーマイガー」状態です(笑)

この記事をシェアする