【BBB NAKAMA対談 vol.8】gash! × 山田親太朗


Beat Buddy Boi(以下BBB)が“10月15日から約2ヶ月間にわたり一台のワゴンで47都道府県を周る”という過酷なツアー「NAKAMA PROJECT」 をスタートする。

BBB NAKAMA PROJECT 特設サイト : http://beatbuddyboi.com/nakamaproject-2016

全国の中学高校のダンス部への無料ワークショップやダンススタジオでのワークショップ、学園祭などイベント出演やメディア出演と全国6都市のファンミーティングなどをしながら、全国のファンのみんなと仲間として繋がって行き、まだ見ぬ全国の仲間にも会いに行こう!という企画である。

今回、Dewsと「NAKAMA PROJECT」のカウントダウンコラボ企画として、スタートまでの10月7日〜14日の8日間、8人のメンバーがそれぞれ所縁ある方たちに自らオファーし対談する「BBB NAKAMA対談」を敢行。

ラストとなる第八弾は、gash!。
気になる対談相手は、バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンⅡ』を皮切りに一躍人気タレントとなり、現在は、バンドグループHighsidEの一員としてライブ活動やDJなども努めマルチな活躍をみせる山田親太朗!
普段は飲み友達という親交の深い二人による対談は必見!

二人の出会い

STAFF
お二人の出会いのエピソードを教えてください。

山田親太朗
Kenbow(山田さん率いるバンド“HighsidE”のメンバー)っていう共通の友達がいて、結構前から知ってたんですけど。

gash!
面識はあったんだけど、全然喋らなかったんですよね。
仲良くなったのは、4年くらい前に渋谷の焼肉屋で男だけで12月31日にカウントダウンしたんですよ。

g3

山田親太朗
そんなことしたっけ?

gash!
したよ!

山田親太朗
その後ベロベロだったでしょ?(笑)。

gash!
ベロベロだったね!

山田親太朗
そんなの絶対記憶ないもんね(笑)。

gash!
何軒もはしごしたっていう(笑)。
そこでKenbowが「お前らいい加減なんか話せよ!」みたいなことをきっかけに仲良くなりましたね。

山田親太朗
僕、基本的にあんまり人と話さないんですよ。

gash!
テレビではめっちゃ喋るイメージだけどね(笑)。

STAFF
先ほどお名前が出ました、共通の友達であるKenbowさん、山田親太朗さんが所属するバンドHighsidEのファーストシングルが9月21日に発売されたということで。おめでとうございます。
“HighsidE”はどのようなバンドなのでしょうか?

山田親太朗
楽しくおじさんたちがやってるバンドです(笑)。
おじさんがもう一回ここからやっても花開くのだろうかっていうのも含めて(笑)。
y1
僕らまだ組んで一年弱のバンドなんで、みんなで楽しいことやれればいいなって思って。
でも曲は真剣に作って真面目にやってます。
曲調はどちらかというと、バンドとダンスミュージックが混ざってたりエレクトロが混ざってたりという感じで、キャッチーな曲が多いですね。

gash!
キャッチーだよね!コテコテのロックって感じではないよね。

STAFF
以前ダンスボーカルユニットとしても活動されていましたよね?

山田親太朗
ダンスボーカルユニットなんてそんなに聞こえのいいものではなかったですが(笑)。

gash!
サーターアンダギーね!

山田親太朗
そんなに聞こえのいいものじゃないです(笑)。
僕らはただただ頑張ってたんです(笑)。

gash!
めちゃめちゃ踊ってたよね(笑)!
g1
僕、実はサーターアンダギーのライブ一度だけ行ったことがあって、それが解散ライブだったんですよ。
それをKenbowと二人で行って、本当にサプライズの解散ライブで、僕らもみんな知らされてなかったんですよ。
「ライブ見に来てよ!」みたいに軽い感じで誘われて、行って。目標の販売枚数に達しなかったら解散するみたいになってて、それで「目標に達しませんでした。解散します」って。で、ファンとかみんな泣いてて。

山田親太朗
思い入れはあったので寂しかったですけど、、
グループ名「サーターアンダギー」ってちょっと恥ずかしいところもあったから(笑)。

この記事をシェアする