卒論にRAPのミックステープ! 名門ハーバード大学が学位論文として認めたことが話題に。


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

世界的に名門とされるハーバード大学にて、学生によるRAPのミックステープ作品を学位論文として認めたことが話題になっている。今回RAPのミックステープを提出し話題となっているのは20歳の学生オバシ・ショウ(Obasi Shaw)。『Liminal Minds』というミックステープを1年以上かけて制作。母親に「ラップの卒論を書いてみたら」という助言が今回のきっかけになったという。

この記事をシェアする