定番の迷彩柄からクージー柄など、チーム衣装のデザインの参考にしたい柄4種


Tシャツやパーカーなど、気軽にオリジナルプリントで衣装を作製することができ、実際にチームや発表会でのナンバーの衣装をオリジナルで作製するダンサーが増えてきている。
そうなると決まって悩むのはデザイン。定番の柄からコアな柄まで…ダンサーが知っておくべき柄をご紹介。

【迷彩柄】
1_camouflage

HIPHOPの衣装といえば…というくらいド定番の柄。ダンサーはもちろん、一般的にも定番である迷彩柄は、周囲の環境に溶け込み、カモフラージュするためのもので、軍隊の服装の一種として使用されている。その場の環境に溶け込むため、国や森林、砂漠、雪などに合わせた迷彩柄が多く存在しているのは知っていますか? 白ベースの雪上迷彩(右上)やストライプのようなワルシャワ条約機構迷彩(左下)など、一見迷彩柄とは思えないものもあるのでオススメ。
ちなみに、本当に周囲の環境に溶け込めるのか疑問に思ったことはありませんか? 安心してください、溶け込めますよ。

2_camouflage
出典:www.dailymail.co.uk

【トライブ柄】
3_mm
出典:http://atribecalledquest.com/

4_atcq
出典:http://atribecalledquest.com/

人気HIPHOPグループA Tribe Called Questのジャケットから”トライブ柄”として定着している。様々なブランドでサンプリングされている柄のひとつでHIPHOPを象徴する柄でもある。今では“トライブカラー”と呼ばれる赤、緑、黒の3色は、Zuluカラーと呼ばれており、それぞれの色には意味があるので、それについてはこちら「イケてるだけじゃない! ラスタカラーやトライブカラーの色の意味を知っていますか?(http://dews365.com/topics/rasta-atcq.html)」をチェック。
※Zulu nation・・・1973年11月12日にアフリカ・バンバータによって結成されたストリートギャング。これまでのストリート・ギャングとは違い、街角での暴力や無意味な殺し合いに向けたエネルギーを音楽やダンスに向けていた。「Zulu nation」と「アフリカ・バンバータ」は、HIPHOPを語る上で必要不可欠な存在である。

【クージー柄】
5_coogi
出典:https://www.coogi.com/

6_biggie
出典:https://myspace.com/notoriousbig

カラフルでいろいろな柄が入り混じった独特の柄。柄の名称だと思われているが、実際は90年代に流行したオーストラリアの高級ブランドCOOGI(クージー)のこと。そのブランドの特徴である柄をクージー柄と呼んでいる。ちなみに写真のセーターは$575と良い値段がするのである。このブランドを広めたのがHIPHOPアーティストノトーリアス・B.I.G、通称Biggie(ビギー)だと言われている。ショーでBiggieの曲を使う時にクージー柄を取り入れた衣装にすれば「お、分かってるね~!」と思われること間違いなし。

【コンポジ柄】
7_mead
出典:http://www.mead.com/

アメリカの学生たちの間で定番のノートであるmead社(ミード)のComposition Book(コンポジションブック)の表紙の模様のこと。ラッパーがリリックを書く時にも使われていることでも有名で、現在公開中の映画「STRAIGHT OUTTA COMPTON」でEazy-Eが使用している姿もある。最近では、XXX-LARGEのmethが営むレコード屋JUICE recordsでComposition Notebookが取り扱われている。

【JUICE RECOMEND LINE UP】 USラッパー御用達‼︎ リリック帳として数々のラッパーに愛用され続けている「MEAD」社のノートブックをセレクトチョイス。 先日発売された話題のニューヨークHIPHOPガイドブック「WASSUP! NYC」でもサンプリング デザインされております。 数々のHIPHOPのジャケでも使われており、このストーム柄自体がHIPHOPを象徴するデザインとして様々なファッションにも取り込まれております。 とても頑丈な作りで、飽きのこないデザイン。私も雑記帳として愛用してますが、使い込まれた感じもサイコーにクールです。 Campasノート約2.5冊分の厚みがあり、かなりヘビーに使ってもいい味がでるこちら。 もちろん勉強用に、日本未発売のコイツで隣のアイツと差をつけたいなら迷わずこれでしょう‼︎ ¥750 w/tax #JUICERECORDS #mead #meadcompositionnotebook

METH XXX-Lさん(@methxxxl)が投稿した写真 –

いかがでしたか?
普段のショーはもちろん、コンテストなどでは、踊りだけでなく衣装も評価のひとつ。ぜひ参考にしてみてください。

この記事をシェアする