ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)のメンバー、ファイフ・ドッグ(Phife Dawg)45歳で亡くなる


出典 : UNDER THE GUN REVIEW

90年代に活躍した伝説のヒップホップ・グループとして今なお人気を誇るア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)のメンバー、ファイフ・ドッグ(Phife Dawg)が米時間で今月23日までに亡くなったことが明らかになった。45歳だった。

現時点で公式発表はなく、死因は明らかになっていないが、長年、1型糖尿病を患っており、2008年には腎移植手術を受けるなど健康面が心配されていた。デビュー25周年を記念して、昨年11月にはデビュー作『People’s Instinctive Travels And The Paths Of Rhythm』の25周年記念バージョンも発売され、Qティップ、アリ、ファイフ、ジャロビの4人が揃ってTV番組でライブ・パフォーマンスも披露したばかり。

引用 : bmr

この記事をシェアする