吉田凜音の専属バックダンスチーム「NATT!」にスペシャルインタビュー

2014年11月にノーナ・リーヴスの西寺郷太プロデュースによるシングル「恋のサンクチュアリ!」でメジャーデビューを果たしたい女性アイドル吉田凜音。 彼女は、『北の橋本環奈』とも呼ばれており、ワンマンライブを行うなど今最も注目度の高い女性アイドルである。そんな彼女には専属のバックダンスチームが存在するというのだ。その名も「NATT!」。


2014年11月にノーナ・リーヴスの西寺郷太プロデュースによるシングル「恋のサンクチュアリ!」でメジャーデビューを果たした女性アイドル吉田凜音。
彼女は、『北の橋本環奈』とも呼ばれており、ワンマンライブを行うなど今最も注目度の高い女性アイドルである。そんな彼女には専属のバックダンスチームが存在するというのだ。
そのバックダンスチームの名は「NATT!(ナット)」。ミュージシャンであり音楽プロデューサーでもある西寺郷太氏が命名したというこのチームは、スーパーキッズを多く排出していることでも有名なダンススタジオARKSTAR出身のダンサーや、日本のキッズダンサーの頂点を決めるダンスコンテスト「ALL JAPAN SUPER KIDS DANCE CONTEST」でも活躍をみせていたメンバーなど、実力派キッズダンサー4人を揃えたチームである。
今回Dewsでは、アイドルとしては異質のダンス力を持つ彼女らをスペシャルインタビュー!

STAFF
まずはじめに自己紹介をお願いします。

あやの
あやのです。中学二年生で、主にJAZZとWAACKやっていてダンス歴は8年です。

はるな
はるなです。中学三年生でダンス歴は4年です。ジャンルはJAZZ FUNKです。

わかな
わかなです。中学一年生で、ダンス歴は7年です。同じくJAZZ FUNKをやっています。

こころ
こころです。中学二年生で、ダンス歴は6年です。JAZZ HIPHOPをやっています。

STAFF
結成のきっかけは?

あやの
20150428_NATT_0124
私は、オーディション情報がDewsに掲載していたことをARKSTARで聞いて、バックダンサーのオーディションを知りました。そこで私、わかな、はるなの三人が合格して、そこからさらに、推薦枠というかたちでこころが加わり、4人になったのがきっかけです。

STAFF
オーディションはどんな内容でしたか?

はるな
20150428_NATT_0104
千尋さんのルーティンをその場で覚えて踊るのと自由にソロをみせるという内容でした。
聞いた話だと、50人くらいのダンサーが集まっていたみたいです。めちゃくちゃ緊張しました・・・。

わかな
私、何度かオーディションは受けたことあるのですが、元々そういうのが凄く苦手な上に、久しぶりだったので顔が引きつっちゃいました。笑

STAFF
このメンバーは元々知り合いだったんですか?

あやの
オーディションで知り合いました。去年の5月くらいにオーディションがあったのでもうすぐ一年になります。

わかな
私とはるなはNATT!の前からダンスチームを組んでいて、ダンス仲間でした。

STAFF
そうなんですね!元々はみんなダンサーとしてもかなり活躍していたと聞きましたが。

あやの
今でもARKSTARというダンススタジオのレッスンには通っているのですが、ARKSTARとして公演やナンバー、またカラオケDMA”踊ってみたバージョン”の出演、ZOROさんの武道館LIVEでバックダンサーとしても出演しました。

わかな
この2人(はるな、わかな)で活動しているチーム「LUSH」でALL JAPAN SUPER KIDS DANCE CONTESTに予選二位で通過して本戦まで出場したことがあります。また、ICE CREAMコンテストの決勝で特別賞をいただきました。

こころ
20150428_NATT_0089
私は去年一年間、きゃりーぱみゅぱみゅさんのバックダンサーをやらせて頂いていたのですが、りんねちゃんとの両立が難しくなってきたので、こちらに専念させて頂くようになりました。

STAFF
ダンサーとしても凄い活躍をしているんですね。
現在、NATT!という吉田凜音ちゃんの専属バックダンサーチームとしてこの4人で活動しているとのことですが、ちなみにこのNATT!の由来はなんですか?

あやの
4人が納豆が好きだからです。

STAFF
そんな感じでチーム名付けちゃったんですね!笑

はるな
実は、吉田凜音ちゃんファーストアルバムもファンタスキーというタイトルなんですが、それもファンタが好きだからなんです。

STAFF
そんな裏話まで!
普段はどのような活動をしていますか?

わかな
主に凜音ちゃんのバックダンサーをやっていて、一緒のイベントに出たり、真夏のビームという曲ではPVに出演させてもらっています。

あやの
基本的にはバックで踊ることが多いのですが、ワンマンライブだとNATT!のナンバーがあってそのときは、NATT!だけで踊ります。
自分たちで曲を選んで、振りや構成を一から作って披露するんです!