88歳のラッパー復興住宅からデビュー!波乱の人生をリリックにした歌が壮絶すぎる。


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

仙台で誕生したとあるラッパーが今世間で大注目されているという。

その注目ラッパーとは藤沢匠子(たつこ)さん。仙台の在住のたつこさんは東日本大震災の復興住宅に住む88歳のおばあちゃん。

仙台空襲から現在に至るまでの壮絶な人生を「俺の人生」にこめ、iTunes等音楽ストアで配信している。

集会所でその波乱万丈な人生を何日にもわたって話し、「な、俺の人生、すごいべ。だから本にでもしようかと思って口にしたら、そんなの誰も読みたくないって言われた」と言ったところ、周囲からラップにしようと提案が。「サランラップなら知ってっけど……」と88歳にしてラッパーに挑戦することになったという。

「あれ考えればなんでもない どんなことだって乗り越えていける」と口ずさむフレーズにたつこさんの人生の重みと前向きな姿勢が伝わってくる。

そんなリリックに多くのひとが感銘を受けているようだ。

そんな話題の楽曲がコチラ!!

TATSUKO★88公式サイト
http://startohoku.net/tatsuko88.html

引用 : Yahoo!japanニュース

この記事をシェアする