テイラー・スウィフト「ザ・1989・ワールド・ツアー」に日本人ダンサーも参加

5月5日(火・祝)より始まった、テイラー・スウィフト自身4度目となるコンサートツアー「ザ・1989・ワールド・ツアー」。同ツアーは、日本よりスタートした。ツアーのダンサーには日本人ダンサー有働真帆も参加。アメリカを拠点に活動する有働さんは、以前、ジェイソン・デルーロの「The Talk Dirty Tour」にも参加している。


最新アルバム『1989』をひっさげたテイラー・スウィフトの世界ツアー<ザ・1989・ワールド・ツアー>が、5月5日&6日に日本を皮切りにスタートを切った。会場となった東京ドームには、貴重なプレミアムチケットを持ったファンが結集、いつものようにテイラーのファッションを取り入れた女子も会場をキュートに彩っていた。

ツアーのダンサーには日本人ダンサー有働真帆も参加。アメリカを拠点に活動する有働さんは、以前、ジェイソン・デルーロの「The Talk Dirty Tour」にも参加している。同じくジェイソンのツアーに参加したToshiさんと仲がよいそうで、ツアー中はツーショットを度々投稿していた。また、ゼンデイヤとベラ・ソーンの「Contaguous Love」のミュージック・ビデオにも出演している

各日52,000人が集まり、計10万4千人がテイラーのパフォーマンスに歓喜することとなった。


有働真帆

大阪出身。アメリカの大手エージェントBLOC のLA 本部に所属。アメリカを拠点に活動している。これまでに共演してきたアーティストには、マドンナ、テイラー・スウィフト、ジェイソン・デルーロ、ジャスティン・ビーバー、ウィル・アイ・アム、PSY、M.C.ハマー、2チェインズ、JONTE’等がいる。また、日本人初のシルク・ドゥ・ソレイユのヒップホップダンサーでもある。

公式サイト
http://www.maho-udo.com/

instagram
https://instagram.com/maho_udo/

この記事をシェアする