劇場型ダンスエンターテイメント集団「梅棒」次回公演「ピカイチ」公演直前キャストインタビュー

様々なダンスコンテストでの入賞を皮切りに、今や単独公演で日本全国にその名を知られ、客演には芸能系のキャストも擁するまで成長したダンスアクト集団「梅棒」の次回作、その名も「ピカイチ」。 本日は公演直前インタビューということで、今作の客演であるこの3名にお話を聞いた。


様々なダンスコンテストでの入賞を皮切りに、今や単独公演で日本全国にその名を知られ、客演には芸能系のキャストも擁するまで成長した劇場型ダンスエンターテイメント集団「梅棒」の次回作、その名も「ピカイチ」。

http://umebou.daa.jp/7th_pikaichi/

本日は公演直前インタビューということで、今作の客演であるこの3名にインタビューを行った。
GANMIの主要メンバーであり、梅棒の後輩にあたるKENZO MASUDA、今回で3回目の出演となるダンス界の異端児「パイレーツオブマチョビアン」、元祖スーパーキッズ世代出身のHOUSEの雄、LUCIFERのMOMOCA。(尚、この日はsuzuyakaも同席する予定だったが体調不良の為欠席)

STAFF
本日はお忙しい中ありがとうございます。早速お話を聞いていきたいのですが、皆さんそれぞれの活動が忙しいのは周知の事実であるほどの人気ダンサーですが、今回の公演にあたって、梅棒の何が魅力で出演を決められたのでしょうか?

KENZO MASUDA
まず一つは「言葉が無い」ということでしょうか。それが梅棒を語る上で大きな魅力の一つだと思います。改めてダンスの「良さ」「魅力」が言葉が無いことによって引き出されていると思います。中途半端に言葉があるよりも僕らダンサーの身体表現としてのことを存分に伝えられると思います。

STAFF
なるほど、それは最もですね。ダンサー冥利に尽きる、といったところでしょうか。そういえば、KENZOさんは梅棒の直の後輩だという話を耳にしましたが?

KENZO MASUDA
あ、そうなんです。僕も梅棒の皆さんと同じ日芸出身でして、学科も丸かぶりの直上の先輩は鶴さん(鶴野輝一)なんです。現役時代はかぶっていないのですが、僕が出ていたΣ(シグマ、関東大学ダンス連盟)の公演の時にお話させていただいて、それからって感じです。皆さんの中で、鶴さんって本当ににこやかで優しい感じだと思うんですけど、僕は逆にそれがたまに怖いですね(笑)。
優しいからこそ怖い。みたいな。

ダンスアクト集団「梅棒」次回公演「ピカイチ」公演直前キャストインタビュー

STAFF
わかるような気がします(笑)。いい先輩ほど怒らせたくないものですよね。

一同:(笑)

MOMOCA
私は自分がキッズの時代からずっと梅棒さんを見させて頂いていて、ダンスイベントでやるショーケースの作品でもユーモアが溢れていたり…大好きだったんです。お話をさせていただくようになって、稽古中とかでも普段から面白さが溢れ出てしまっている方達で、それがそのまんま作品に組み込まれていて…そういう皆さんのセンスが魅力だなって思います。

STAFF
確かに、毎作品、笑いあり涙ありが彼らの魅力ですよね。彼らのナチュラルなものがきちんとプロデュースされて出てくるのは本当に魅力的ですね。

パイレーツオブマチョビアン
やっぱり僕はまず「老若男女にわかりやすい」ということですね! … … …

STAFF
い、以上ですか?

MOMOCA
シ、シンプルー!

一同:(笑)

パイレーツオブマチョビアン
いや!例えば他のダンサーさん達が舞台をやる時はほとんどが洋楽だと思うんですけど、別にどっちの方が良い、悪いという話ではなくて、万人にわかる日本語の曲を使用している所にダンサーならではのセンスが入っていたりして…所謂「ストリートダンスの舞台」と「お芝居の舞台」の中間にある所がダンサーにも一般の方にも伝わる理由だと思っていて、それが梅棒ならではの魅力だと思います。ダンス畑の人にも出来ない、役者畑の人にも出来ない、まさにオンリーワンですね。

て言っとけば大丈夫ですか?笑

ダンスアクト集団「梅棒」次回公演「ピカイチ」公演直前キャストインタビュー

STAFF
いつになくマジメだと思ったら最後に落としましたね(笑)。

一同:(笑)

STAFF
ありがとうございます。では、今回KENZOさん、マチョさんが3回目、MOMOCAさんは初めてですが、どのように今回のオファーが来たんですか?梅棒公演に出たいと思っている人たちの今後のために是非!

MOMOCA
私は、イマジンさんとは元々面識はあったんですが、何の前触れもなくSNSでメッセージが来て、連絡先を教えて欲しいとの事だったのでお教えしたらすぐに電話がかかってきて…って感じです(笑)。
で、私は日程を確認する前に即答で「出ます」って答えました。元々彼らの作品が大好きだったというのはもちろんなんですが、ニューヨークに留学していた頃、バレエとかジャズとかのレッスンも受ける機会があって、それをきっかけに自分の踊りにも取り入れ始めていたというのも私にとっては凄くバッチリなタイミングだったので。

ダンスアクト集団「梅棒」次回公演「ピカイチ」公演直前キャストインタビュー

STAFF
そうですか。じゃあMOMOCAさんにとっては計ったようにベストタイミングでオファーが来たということですね。KENZOさんはどうですか?今回で三回目ですが。

KENZO MASUDA
前回、前々回と出させて頂いて…今回は…どうだったかな(笑)。とにかく出たかったんですね。自分が出たくなるのは、一言で言うと現場が楽し過ぎるのが一番です。稽古中も楽しいし、本番中も自分が与えられた役をどんどん深めていく楽しさもあるし…なんでしょう、なんなんでしょう。こみ上げる喜びというか…うーん(笑)。「自分、踊ってます」「自分、この舞台でこんな役やってます」みたいな一瞬一瞬に喜びをくれるからですね。そんな自分がイキイキしているのを感じます。

STAFF
それは舞台に出る人間にとって本当に嬉しいことですよね。そうさせる梅棒の凄さはもちろんですが、そんな中で連続で三回声がかかるのって本当に凄いと思います。でも今の口ぶりだと本職「GANMI」よりってことになっちゃったりしないですか?(笑)。

パイレーツオブマチョビアン
あ、そうですね、俺はカッコつけるよりこっちの方がいいって言ってました。

KENZO MASUDA
やめてください(笑)。勘違いするじゃないですか!どっちもイキイキしてます!

STAFF
では、今の発言は語弊が無いように書いておかないとダメですね(笑)。

パイレーツオブマチョビアン
僕も三回目なんですが、きっかけとしては、イマジンさんから電話がかかってきて、「また公演やるんだけど出てみたいっしょ?え?どうすんの?どうしたいの?」みたいな(笑)。これ、イマジンさんの常套手段なんです。なので電話越しで絶対イマジンさんには見えないんですけど、僕は毎回電話越しで土下座しながら「ありがとうございます。では今回も是非!」という形で。

STAFF
それ、前に聞いた話で櫻井竜彦さんが梅棒に加入するときの手口と一緒ですね。さすが、作品に出てる笑いのセンスと相通ずるものがありますね(笑)。

パイレーツオブマチョビアン
半分、ズルい占い師みたいですよね。あなた将来どうしたいの?みたいな(笑)。

一同:(笑)

STAFF
そういえば、本日いらっしゃると聞いていたsuzuyakaさんの姿がまだ見えませんね。もう半分くらい進んでしまっていますが…

一同声を揃えて:あ、盲腸みたいです。

STAFF
えっ(笑)。