【Dews独占】DANCE ALIVE HERO’S × UNO コラボTシャツ発売記念!ダンサーUNOインタビュー(前編)


自分でいうのもなんですが、すごく厳しい学校でしたが、すごく成績が良かったんです。なので、ダンスを始めたことで成績が下がったと認めたくなくて、勉強も頑張っていました。学級委員もやっていました。あの頃はもしかしたら今より超多忙でしたね(笑)。でも、ダンスにのめり込んだおかげで、本当に多くの大人と接する機会がありましたし、仲間も少しずつできました。

 

ダンスが仕事になったきっかけ

スタッフ:
ダンスが仕事になった時期はいつですか?

UNO:
高校生の時に、ダンスのレッスンを受け持つことを始めました。それと同時に、テレビのお仕事もするようになりました。バラエティ番組のバックダンサーなど。ただ、好きなものを職業にするのは危険だと中学生のときから感じていました。なので、まだそこまで「ダンサーとして生きたい!」という自覚はこの時はなかったです。

スタッフ:
当時から随分現実的に考えていたんですね。

UNO:
そうですね(笑)。そんな時「バックダンサーズ」という映画のお仕事に出会いました。これが私にとって、ダンスを職業にすることを意識したきっかけになったのかもしれません。それまで、私は真面目に練習する、いわば色のないダンサーだったんですね。ただそれなりにスキルはある優等生というか。

その映画の現場に私はアシスタントとして召集されたのですが、関わるダンサーの方々が物凄い面々で。当時の私はクラブにも行けない年齢だったので、いっきにアンダーグラウンドシーンで活躍しているダンサーに出会いました。

そこで出会った方々にものすごく惹かれ「こうなりたい!」って思うきっかけをもらいましたし、私のバックダンサーキャリアとして初めて指名してくださったSPEEDのHIROさんにも出会うことができました。

スタッフ:
高校生で指名をいただいたわけですね?

UNO:
はい。もう感謝しかないですよね。この時代にモーパラ(MO’PARADISE)の方々や、本当にカッコイイと思えるダンサーに多く出会えたことが、今の自分に大きく影響しています。よく、UNOはすごいとか色々言ってくださる方はいるんですが、私が凄いんじゃなくて、まわりが凄かっただけなんです。私はそのシーンの中に居続けただけなんだと思っています。

 
後編は、コラボTのデザインについて語っています!お楽しみに!
DANCE ALIVE HERO’S × UNO コラボTシャツ購入はこちら!

関連記事

[reration_wiki head3=”人物紹介” reration_id=”116324″]