全国ツアー直前!WEBERのダンス担当J、little Skeetに独占インタビュー!


J
僕はまさか自分メンバーになるとは思ってもいませんでした(笑)。
後輩が頑張ってるなってぐらいで。その当時のライブも応援しにいってましたし(笑)。

それである日事務所によばれ、社長にどう?って話をされたときに断る理由もなかったですし、かけもちってなると大変になるとはわかってましたけど、ダンスボーカルだし、また違うダンスとかもできると思い、いろんな可能性や希望が見えたんで、「やります」と答えたら案の定リーダーになっていました。そこからWEBERがはじまりました。

ダンスシーンとメジャーシーンについて

STAFF
元々は、ダンスシーンにいたと思うのですが、今メジャーでやっていく上でダンスシーンをどうとらえていますか?

little Skeet
メジャーな活動をしてからは関わる人が違うじゃないですか?
ダンスシーンだとダンサーがまわりにいて盛り上がるのもあるんですけど、メジャーシーンってどっちかっていうとファンからの応援とか声援とかが聞こえてくる。
それが最初は新鮮すぎてどう踊ったらいいのかわからないままやってきてました。
でも最近はやっとダンスシーンとメジャーシーンのダンスのとらわれかたが違う。踊り1個に対しても同じものを踊っても対する人が違うからリアクションも違うっていうのをすごく感じて。
なので今ダンスシーンに戻るというか、現場に行って、踊ったときにどういう声だったり、見られかたをするかはすごく面白そうだと思います。

IMG_1505

STAFF
元々、憧れたダンスはそっちですもんね。
Jさんは?

J
ダンスシーンのイベントはほぼでなくなっちゃいましたけど、ずっとチェックはしてます。
今どんなチームが出てきてるとか、どんなダンスが流行ってるかとか。
そもそもあまりメジャーシーンとかダンスシーンとか分けたくないんですけど、見る人が多くなった証拠だと思うんで、自分が万人受けというか、ダンスを純粋に楽しんでもらうためにどう踊っていけばいいのかっていうことを考えるようになりましたね。

一般の方にもこんな世界があるんだ、こういうダンスもあるんだって知ってもらったり。ダンスシーンの人たちも、そういうことしていいんだなってっていうような架け橋的存在ってあんまりいないと思うんで。
ダンスシーンからメジャーにきたって人はまだまだ少ないと思うので、先駆けじゃないですけど、ダンスをちゃんと伝えられるように広げられるように頑張りたいですね。

STAFF
逆にメジャーシーンで活動してくなかで大変なことってあったりしますか?

little Skeet
僕が苦悩してるってよりかはJさんが(笑)。僕、小学校しかチーム活動をやってないためなのか、根本的な僕の性格がそうなのかわからないですけど、振りをあわせるっていうのが出来ないんだなっていうのをWEBERにはいって初めてわかって。
自分のペースでやりたくなっちゃうんですよね。

Jさんはどちらかっていうときちっとしていて、細かい角度を教えてくれるんですけど、中々身に付かないらしくて。

STAFF
チームの大変なところですよね。

little Skeet
大変なところでもありますが、面白いなって思うところです。

STAFF
やっぱり注意するのは大変ですか?

J
僕もバチバチに揃えるより、感情的な部分だったりそういうものが重なって、揃ってるって方が好きなんです。
けどさすがにダンサー2人しかいないんで、ある程度は揃ってる方が見えやすいですよね。

ちょっと自由すぎるときに言うんですけどちょっとイラッとした顔するんです(笑)。
だから俺もいうタイミングすごい考えるんですよね。今かな、違うかなって。

僕はチームでずっとやってきたんで自然とチームのなかで自分が今どういう立ち位置にるのか。
今誰が目立ってて、誰を目立たせてて、ここは3人でやる、みたいな切り替えが自然とやれるようになってたのはありがたいと思うんです。
元々3人はチームで活動してなかったので我こそは我こそはみたいなってなるので、やりながら勉強になりましたね。

あと大変なことと言えば周りの目を気にするようになりましたね。
ひとつの作品に関わる人が多くなったので、昔だったら自分達がやりたいことをやればよかったけど、ここの人はこの想いがあって、ここはこういう想いがあって、チーム内でも4つの想いがあるんで。それを全部汲み取ってやるっていうのが最初は結構きつかったですね。どうエッセンスをいれて自分のやってきたダンスをいれていくかって考えるのはこれから先もずっとだと思うんですけどひとつの試練かなと思っています。

今後の活動について

STAFF
最終的なWEBERの夢や目標を教えてください。

little Skeet
WEBERってこうなったらいいなって理想なんですけど。
今、ダンスボーカルグループってたくさんいてて、そのなかでWEBERっでなにが強いのかとかっていったときにダンスもしかりですけどもエンターテイメントを追求したいなって思ってます。
一般の人が他のダンスボーカルグループを見たときに「あー!WEBERっぽい」って言わせたら勝ちかなって思っていて、楽曲を聞いていても「WEBERっぽい曲流れてるね」っていう風に見られたら、認知されてることだと思ってるので。
ライブもしかり、楽曲もしかり、踊りもしかり、エンターテイメント、人を楽しませるって場面でもしっかりと追求していって、最終的にWEBERっていうカテゴリがあるみたいな、そういうのができてきたらといいなと思います。

J
WEBERとしての夢はですね。ざっくりいうと時代を象徴するグループになりたいです。
あの時代のあのグループってあるじゃないですか?

IMG_1446

それぞれが個人でマルチに活動しててWEBERとしてもライブをする。個人の可能性を広げられるグループでありたいなと思ってます。
ダンスボーカルグループって絶対にボーカルが前に出てくるんですよね。ダンサーのイメージって薄くなってるなって思うんですよ。そこをダンサーもボーカルと同じラインに見られるようにしていきたいなっていう。こういう曲はボーカルが目立つよねとかじゃなくて、この曲でダンス見たくなるよねってグループにしたいですね。
CD聞いて自然とダンス出てきちゃう、映像見たくなってDVDとかライブ来たりとか、自然とあの曲ってこういうダンスだよねってなるような文化にはしていきたいですよね。

WEBERライブツアー2017について

STAFF
ここからツアーについて聞かせていただきます。
今回の全国ツアー「WEBER LIVE TOUR 2017 BALLON ~笑顔が叶いますように~」はどんなライブになりますか?