『WEFUNK』が新イベントテーマ曲MVを公開。360度カメラでまるでステージに立っているかの様な仕掛けに。


WEFUNKでは、シンガーとバンドによる生演奏に乗せてダンスするという点が、他では味わえない新たなエンターテインメント体験であるということで評判を呼んでいたが、特にダンスイベントならではの目線から生まれるイベントオリジナル楽曲はイベント来場客やダンサーから好評を博し、新たなオリジナル曲を望む声も多かった。
今年、8月にWEFUNKのシンガー・ミュージシャンが、裏側でステージを支える職人集団という意味の「BACKSIDE SMITH」というバンド名のもと新体制になったことを受け、新たなイベントテーマソング「Step Forward」がSOIL&“PIMP”SESSIONS社長による楽曲提供とプロデュースで完成した。11月6日(日)に川崎 CLUB CITTA’で開催のWEFUNKイベント“WEEKEND HERO –J-POP SPECIAL-”で初披露されたこの楽曲、360度カメラで撮影していた初披露の模様がミュージックビデオとして完成!
YouTubeにてショートバージョンが公開された。
最先端の360度カメラを使った映像は、まるでダンサー・シンガーとしてステージに立っているかの様で、WEFUNKの醍醐味である“踊る・歌う・演奏する楽しさ”を体感できるので是非体験してみて欲しい!(注意:360度映像を視聴するためにはスマートフォンでYouTubeのアプリをダウンロードしていただく必要がございます。)
 是非、ミュージックビデオを視聴してWEFUNKのイベントを体感して欲しい!

WEFUNKとは?
WEFUNKといえば世代・ジャンル・経験値を問わず、ダンスと音楽を愛するダンサーとミュージシャンが生演奏でコラボレーションする、新感覚ライブエンタテインメント。2015年から本格的に「キッズ」「学生」「社会人」それぞれをフィーチャーしたライブ公演をプロデュースしており、総動員数は32,000人を超える(2016年時点) 。これまでのストーリートダンスイベントとは違い、「生演奏」にこだわり、観客も出演者も「見て楽しみ、聞いて踊れる」参加型ダンスイベントとして動員数・出演者数ともに国内No.1を誇り、「生演奏で踊りたい!」と振付師、ダンサーが次々に名乗りをあげ、SNSや口コミでその評判が広がっている。2015年10月よりビクターエンタテインメントのレーベルSPEEDSTAR RECORDSとタッグを組み、更なる躍進が期待され、メディア各社でも注目を集めている次世代プロジェクトなのだ。

配信中
「Step Forward」 / BACKSIDE SMITH (FROM WEFUNK)
<iTunes Store>
https://itunes.apple.com/jp/album/id1166789635?app=itunes&ls=1
<レコチョク>
http://recochoku.jp/song/S1003826331/
<mora>
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17800/

この記事をシェアする