https://clubberia.com/ja/artists/1931-OZROSAURUS/

横浜のレジェンドラップグループOZROSAURUSのおすすめ楽曲20選!

神奈川のヒップホップシーンを引っ張り続けるレジェンドヒップホップグループOZROSAURUSのプロフィールや現在の活動、おすすめの楽曲についてご紹介します!


ハマの大怪獣ことラッパーのMACCHOが率いる横浜のヒップホップグループOZROSAURUS。現在ではなんとヒップホップバンドに転向!?そんな彼らのプロフィールと一緒におすすめの楽曲についてご紹介していきます!

プロフィール

OZROSAURUSは、1996年にMCのMACCHOとDJのTOMOの2人で横浜市にて結成されました。グループ名のOZROSAURUSは、オジロワシを意味するOZROと恐竜の名前によく付くSAURUSからとっているそうです。オジロワシと恐竜で名前に「強さ」を込めています。
彼らのHIPHOPスタイルはMACCHOが以前所属していた、『DS455』というグループから西海岸HIPHOPスタイルを引き継いだと言われています。今や横浜だけではなく、日本のHIPHOP界でもその名前を知らない人はいないほどの影響力で、横浜045スタイルを確立しました。横浜045スタイルとは、彼ら独自のスタイルで、横浜市の市外局番の「045」をもとにMACCHOが発表当時から口にしていたそうです。
楽曲については、1998年のメジャーデビュー作「Bay Blues」以降、「045 STYLE」、「AREA AREA」とスマッシュ・ヒットを連発し、2013年の時点で6枚のアルバムをリリースしています。そして2015年には、メンバーの加入や脱退を経て、6人組のバンド編成となりました。

経歴

1996年
・MCのMACCHOとDJのTOMOの2人で横浜市にてOZROSAURUS結成

1997年
・ミニアルバム『ライム・ダーツ』を発表しメジャー・デビュー

2001年
・1stフルアルバム『ROLLIN’045』を発表

2003年
・2ndアルバム『JUICE』を発表

2004年
・DJ TOMOが方向性の違いにより脱退

2006年
・3rdアルバム『Rhyme&Blues』を発表

2007年
・4thアルバム『Hysterical』を発表

2011年
・EMIミュージック・ジャパンと契約(メジャーでの活動を再開)

2012年
・5thアルバム『OZBUM 〜A:UN〜』を発表

2013年
・6thアルバム『Dish & Dabber』を発表

2015年
・新メンバーが加入し6人組のバンドとなる

おすすめ楽曲20曲

  1. AREA AREA
  2. ROLLIN’045
  3. 045 STYLE
  4. 証拠
  5. Bay Blues
  6. ON AND ON
  7. ロマンチック
  8. Life Is One Time -Rhyme&Blues- feat. 般若, SAY
  9. 風吹く土曜 feat. SAY
  10. Disrespect 4 U feat. ZEEBRA
  11. OUR TIME IS N.O.W.
  12. RULE feat. F.U.T.O & JANBO-MAN
  13. 星を願う
  14. Hey Girl feat. CORN HEAD
  15. MABOROSI
  16. WHOOO
  17. 半信半疑
  18. OG
  19. 少女A
  20. 曼陀羅

AREA AREA

説明不要の超名曲であり、OZROSAURUSの知名度を一気に上げた曲といっても過言ではない彼らの代表曲です。「現代進行形で生き続けているクラシック」とも呼ばれていて、MCバトルでもよくバトルトラックとして使われていますね。未だに人気が衰えない伝説曲です。

ROLLIN’045

「AREA AREA」に並ぶほどの人気曲で、横浜のラッパーのシンボルとも言われる曲です。

045 STYLE

「045」とは、横浜の市外局番です。リリックの中にも「045」や「横浜」というワードが多く出てくるので、地元横浜愛を感じる1曲です。

証拠

「愛」、「正義」、「平和」といったワードが多く、メッセージ性の強い曲です。聴いていると色々と考えさせられてしまいます。

Bay Blues

OZROSAURUSのデビュー作「Bay Blues」。MACCHOが10代の頃の作品だそうです。タイトル通りブルージーな歌詞とトラックが用意され、言葉を伝えようと強く意識されています。

ON AND ON

自然と体が揺れてしまう1曲。疾走感があって、聴いていて気持ちが良いですね。

ロマンチック

タイトル通りの愛に満ちた1曲。ロマン溢れる想いが詰め込まれていて、いつ聴いても色褪せない曲です。

Life Is One Time -Rhyme&Blues- feat. 般若, SAY

歌手のSAY、ラッパーの般若とコラボした楽曲です。切ない曲調に、透き通るようなSAYの歌声とMACCHO、般若の力強いラップが見事にマッチしています。

風吹く土曜 feat. SAY

こちらもSAYとのコラボ曲。亡くなってしまったMACCHOの祖父に向けて、悲しみを歌った切ない1曲。リリックで「Rest In Peace」と歌っているのが印象的ですね。

Disrespect 4 U feat. ZEEBRA

ZEEBRAとのコラボ曲です。ラッパーKREVAをディスっている曲だとも言われています。

記事をSNSでシェアする