grong.jp

おすすめのストレッチボード10選を紹介!効果的な使い方も

整体院でよく見かける傾斜のついた「ストレッチボード」はただ筋肉を伸ばすだけでなく、姿勢改善や、冷え性改善など様々な効果を期待できるのです! そこで今回は、ストレッチボードの効果やおすすめ商品10選をご紹介したいと思います!

ストレッチの効果を高めるために使用される健康器具「ストレッチボード」。角度を調節したストレッチボードに乗って前屈をすると、アキレス腱・ふくらはぎ・ハムストリングスを効果的にストレッチできると人気が高まっています。

そこで今回は、ストレッチボードの効果や使い方から、おすすめの商品までたっぷりご紹介します!

  1. ストレッチボードが人気な理由
  2. ストレッチボードの効果
  3. おすすめのストレッチボード10選

ストレッチボードが人気な理由

ストレッチボードが人気な理由は、そのシンプルな構造にあります。ストレッチボードは見ての通り、傾斜はついているものの単なる台状のストレッチ器具です。商品にもよりますが、この傾斜の角度を変えることでストレッチできるというシンプルな構造から、老若男女問わず人気を集めているようです。

また、価格帯がリーズナブルであることや、スペースをとらないコンパクトさも人気の理由といえるでしょう。さらに一般的なトレーニング器具とは異なり、自重だけでストレッチできるのでケガの心配が少ないことも人気の理由の1つです。

ストレッチボードの効果

一見、ただ足を乗せるだけのボードに思えるストレッチボードですが、実はさまざまな効果をもたらすことが分かっています。ここからは、ストレッチボードの効果をチェックしてみたいと思います!

腰痛・肩こり改善

ストレッチボードは無理なく腰や背中を伸ばせるので、腰痛の予防や改善に効果が期待できます。また、同時に肩甲骨が刺激され、肩がリラックスするため凝り固まった肩こりが軽減されます。

脚のむくみ解消

心臓から遠くにあるふくらはぎは、心臓に血液を送り返す働きを担っているため「第二の心臓」といわれています。ふくらはぎに筋肉がない人や筋肉が凝り固まっている人は、血液を持ち上げる力がないため下半身に血液がたまってむくんでしまうのです。
そこで効果的なのがストレッチボードです。ストレッチボードの傾斜を利用してアキレス腱・ふくらはぎ・太ももを伸ばすことで、ふくらはぎの筋肉がほぐされるため脚のむくみがスッキリします。立ち仕事が多い方やむくみが気になる人は、ただストレッチするだけでなくぜひストレッチボードを使用してみましょう。

足首を柔軟にできる

足首には女性にとって大切なツボがあり、程よく刺激してあげることで生理痛が緩和されたり、ホルモンバランスを整えたりできるといわれています。単に前屈したり、足首をストレッチしたりするのもよいですが、ストレッチボードがあれば手軽に足首をほぐすことができます。

血行促進

老廃物がたまりやすい膝裏のリンパ腺を伸ばすことで、血行がよくなります。できれば毎日ストレッチボードに乗って、脚の筋肉をほぐしてリンパを流してあげましょう。

冷え症改善

血行がよくなると、自然と冷え性が改善していきます。ジョギングや水泳のような有酸素運動ほど大きな効果は期待できませんが、ストレッチボードに乗ってストレッチするだけでも冷えが消えていくことを実感できるはずです。

インナーマッスル強化

ストレッチボードでインナーマッスルが強化されると、姿勢もよくなり身体の歪みも矯正されます。ストレッチボードは傾斜がついているので、バランスを取ろうとすることでとくに腹筋が鍛えられるでしょう。

脂肪燃焼

大きな筋肉がある脚をストレッチしたり、鍛えたりすることで代謝が上がり、脂肪燃焼効果につながります。また、体の歪みを矯正してくれるので内臓機能アップも期待できます。

効果的な使い方

ストレッチボードを使う際は、まず傾斜の角度を調節します。調節できたらストレッチボードに乗って足首を曲げたり、伸ばしたりしてストレッチしましょう。

次に、息を吐きながらゆっくり前屈し、手を床に近付けます。余裕があれば、膝を曲げ伸ばししてさらにハムストリングスを刺激しましょう。

ストレッチボードは、入浴後や運動後など身体が温まった状態で使用すると効果的です。最初はキツイかもしれませんが、毎日継続していると血液の流れを気持ちよく感じられるようになるはずです。

おすすめのストレッチボード10選

ストレッチボード のびちゃん 角度3段階調節 – La・VIE(ラヴィ)

本体サイズ:幅29cm×奥行33cm×高さ11cm(使用時の高さ12cm~19cm)
耐荷重:約80kg
材質:ポリエチレン

Amazon’s Choiceの「La・VIE(ラヴィ)」のストレッチボードは、本体を裏返すと背中のストレッチにも使えて1台2役になる優れもの。耐荷重は約80kgで、傾斜角度は15・25・35度の3段階調節から選べます。抗菌素材でできているのも嬉しいポイントでしょう。

ストレッチボード – stan

本体サイズ:約40×36.5×11cm
耐荷重:120kg
材質:PP+TPR

15種目を載せた説明書が付いているので、ストレッチボードを始めて使う人も安心です。「stʌn」は一般の人からプロアスリートまで、述べ10,000時間以上のマンツーマン指導を行なってきたパーソナルトレーナーが立ち上げた、発汗力のある健康的なカラダへ導く唯一のフィットネスブランドです。健康のために、そしてダンサーやアスリートはパフォーマンス力の向上のために活用してみましょう。

ちなみに、この商品はメーカーによる30日間保証が付いているのもポイントです♪

ストレッチングボード マルチSPキグ 40E1218 – アサヒ

本体サイズ:125×360×395mm
耐荷重:130kg
材質:本体/ABS樹脂、パッド/発泡ポリプロピレン

整形外科に置いてあることも多い「アサヒ」のストレッチボードは、30度まで調節できるタイプです。ここまで角度をつけられるストレッチボードはめずらしい上に、足のサイズが大きくても問題なく使えるので家族みんなでストレッチを楽しめます。

ポイントは品質にこだわって成形から組み立てまですべて日本製であることと、かかとを包み込むような柔らかパットが使用されていることです。

木製ストレッチボード 足首のびーる(4段階 高さ 調節) – 富士和産業

本体サイズ:30×28×8cm
耐荷重:80kg
材質:天然木(ラバーウッド)

木製タイプは表面がフラットになっているので、柔軟性の向上に効果的です。ただし、無理をすると筋を痛めてしまうので注意しましょう。また、組み立て部分に足を当ててケガをしないように気を付けてください。

ビューティーシェイプ ストレッチャー – イモタニ(IMOTANI)

本体サイズ:足つぼマッサージ部分26cm
耐荷重:100kg

4段階に角度を変えることができる「イモタニ(IMOTANI)」のストレッチボード。ストレッチと同時に足つぼマッサージもできます。また、この1台で背中や腰のストレッチもできますよ!

記事をSNSでシェアする