自宅や職場でできる簡単手首ストレッチを紹介

近年、デスクワークやスマホの使い過ぎで手首に痛みを抱えている人が増加しています。そこで今回は、自宅や職場で簡単にできる手首ストレッチを5種類ご紹介します。手首は一旦痛めると治りにくい部位なので、まだ痛みを感じていない人も予防として試してみましょう!

長時間のデスクワークやスマホの使用、家事などで手首に痛みを感じることはありませんか?その手首の痛みを放置していると、腱鞘炎になってしまうこともあるのです…。

そこで今回は、手首の痛みに効果が期待できる簡単な手首ストレッチをご紹介します。ただし、腫れや熱を持っている場合は動かすことで悪化することもあるので、アイシングをした後に病院で診察してもらうことをお勧めします。

  1. 腱鞘炎や手首痛の予防のためにストレッチをしよう!
  2. おすすめの手首ストレッチ 5選

腱鞘炎や手首痛の予防のためにストレッチをしよう!

重たい物を持ったとき、手をついたとき、手首を動かしたときに手首に痛みを感じたことはありませんか?その手首痛は、放置しておくと腱鞘炎に繋がる場合があります。

そもそも腱鞘炎とは、腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)に炎症が起きている状態を指します。軽度の場合は患部の痛み・腫れ・患部が動かしにくいといった症状が見られ、重度の場合はは痺れて動かなくなったり、局部が出っ張ったりしてしまうことも…。腱鞘炎は一度を発症すると、患部を冷やしてもあまり効果はなく、痛みが長続きするといわれています。

そんな厄介な腱鞘炎、原因を特定することは難しく、誰でも発症するリスクがあります。ピアニストや打楽器奏者、作家など指や手首を反復継続的に使う職業の人に発症することで知られていますが、デスクワークで長時間キーボードを打つ職業の人も発症しやすいといわれています。

先ほども説明した通り、腱鞘炎は一度発症すると治りにくいため、日頃から予防しておくことが肝心です。そこで今回は、腱鞘炎や手首痛を予防するための簡単な手首ストレッチをご紹介したいと思います!

おすすめの手首ストレッチ 5選

前腕屈筋のストレッチ


1.身体の正面で肘を伸ばして、手の平を上に向けます。
2.手首と手指を反らすように、もう一方の手で押さえます。
3.前腕に伸びを感じながら、20秒ほどキープします。
4.手を入れ替え、反対側の手も同様に行いましょう。

手首回し

東京・横浜・愛知・長野・大阪にあるFMT整体が教えてくれるセルフケア方法をご紹介します。ストレッチ方法の紹介は2:10~。
1.力を抜いて、手を組みます。
2.痛みのない範囲で、8の字をイメージしながら手首を回しましょう。
3.20回ほど回したら、親指が上になる手を逆にして同じストレッチを行いましょう。

ブレイクダンス 手首のケガ予防ストレッチ

b-boyは必ずと言っていいほど手首を痛めます…。そうならないためにも、この動画を見て手首のケガ防止に役立ててください。
1.最初に紹介した前腕屈筋のストレッチをします。
2.今度は手の平を下に向け、人差し指と中指を巻き込むように引っ張りましょう。
3.手の平を正面に向け、小指側が正面にくるように捻り、手前に引っ張ります。
続きは動画でチェック!

手のこわばり・腱鞘炎の予防に!手首回し&手指ストレッチ

1.手を軽く握って、内回りに8回まわします。
2.外回りに8回まわします。
続きは動画でチェック!

腱鞘炎を根本から解消するストレッチ

整体院 和-KAZU-が教えてくれる腱鞘炎を根本から解消するストレッチ。このストレッチは、すでに手首に痛みを感じている人におすすめです。ストレッチの紹介は4:00~。

①腱鞘炎を根本から解消するストレッチ

1.足を肩幅より広めに開き、ストレッチしたい側の反対の手を膝に当てます。
2.身体を膝に手を置いた方へ倒し、身体を天井に向けるように捻ります。
3.30秒~1分間キープしたら、反対も同様にストレッチしましょう。

②腱鞘炎を根本から解消するストレッチ

1.手の平を上に向け、小指を壁につけます。
2.肘を伸ばした状態で、身体を壁とは反対の方向へ捻ります。
3.30秒キープしたら、反対も同様にストレッチしましょう。

まとめ

自宅や職場でできる簡単手首ストレッチをご紹介しました。

今はまだ手首に痛みを感じていない人や症状が軽度な場合でも、いつ腱鞘炎になってしまうかは予測できません。なかなか完治しない腱鞘炎になる前に、日頃から手首ストレッチを行って予防することが肝心です。ぜひデスクワークや家事の合間に試してみてくださいね!

関連記事