PUNPEEとは?プロフィールや経歴・名曲など徹底紹介

PUNPEEのプロフィール・経歴・名曲を紹介いたします。PSG時代から、宇多田ヒカルとのコラボ、現在のソロ活動に至るまでなど、彼のこれまでの歩みをお送りしていきます。

*写真はイメージ

ラッパー・DJ・プロデューサー・トラックメイカーと、いずれの実力もド級のアーティストPUNPEEのプロフィールと、これまでの歩みを紹介していきます。

PUNPEEのプロフィール

PUNPEEは東京都板橋出身のラッパー/DJ/トラックメイカー/プロデューサーです。前述の通りその肩書は多岐に渡り、別名義”sugbabe”、実弟S.L.A.C.K.とGAPPERとのユニット”PSG”、原島“ど真ん中”宙芳とのデュオ”板橋兄弟”など、その全てにおいて「成功」といえる程の活躍をみせているアーティストです。

2006年「ULTIMATE MC BATTLE」の東京大会で優勝し頭角を現すと、2009年にはAkai主催のサンプラー・バトル「MPC Gold Fingaz Kitchen」優勝というスキルの幅を見せつけます。

同年に3人組ユニットの”PSG”としてデビューアルバム『David』をリリース。多くのファンや著名なアーティストから評価を得ました。

その後もアーティストのリミックスワークやプロデュースの他、DJとしてMIX CD『MOVIE ON THE SUNDAY』のリリースや、ソロとして『MODERN TIMES』のリリースなども行っています。

2017年には宇多田ヒカルの「光 -Ray of Hope MIX-」の公式リミックスを担当し、ゲームソフト『Kingdom Hearts HD 2.8』の世界共通テーマソングとして起用されるなど、飛躍を重ね続けています。

PUNPEEの主な経歴

2012年 MIX『Movie On The Sunday Anthology』リリース。
2016年 3D VR配信番組、宇多田ヒカル「30代はほどほど。」にDJとして出演
2017年1月 宇多田ヒカル「光 -Ray of Hope MIX-」のオフィシャルRemixを担当。プレイステーション用ゲームソフト「Kingdom Hearts HD 2.8」全世界共通のオフィシャル・テーマソングとして起用
2017年7月 ソロアーティストとしてFUJI ROCK FESTIVAL’17「WHITE STAGE」に出演
2017年10月 初のソロアルバム『MODERN TIMES』リリース。ワンマンツアーライブ「Journey into Mystery Tour 2017」を開催
2018年3月 SPACE SHOWER MUSIC AWARD「BEST HIPHOP ARTIST」受賞。CDショップ大賞「準大賞」受賞。同月、自ら1stアルバムを解説した『MODERN TIMES -Commentary-』をストリーミング配信にて発表
2018年5月 ワンマンライブ「Seasons Greetings’18」を新木場スタジオコーストにて開催
2018年7月 DJとして、FUJI ROCK FESTIVAL’18「RED MARQUEE -TRIBAL CIRCUS-」に出演

これまでのPUNPEEの歩み

幼少期からレコードコレクターの父親の元で育ち、「一般people(普通のやつ)でも主役に立てるんだぞ」というところから「PUNPEE」というネーミングが由来していると言われるPUNPEEの経歴をもう少し詳しく掘り下げていきます。

3人組ヒップホップユニット”PSG”

2007年結成。メンバーはPUNPEEとPUNPEEの実弟5lack、そしてGAPPERの三人で構成されていて、元々PUNPEEとGAPPERのユニット”P&G”に5lackが加入し”PSG”となったそうです。

2009年にデビューアルバム『David』をリリース。本アルバムはKREVA、ZEEBRA、Bach Logicなど著名なアーティストの高評価を受けたほかに、音楽誌やメディアなどでも評価されました。

PSG – 愛してます

-神様/MOSI- PSG

2010年にはPSGとして「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演を果たしています。

関連記事