自宅でできる!脂肪燃焼効果抜群のHIITメニューを紹介

全力で動く運動とゆるい運動を交互に繰り返す、高強度インターバルトレーニングを指す「HIITトレーニング」。今回は、自宅でできるHIITトレーニングのメニューをレベル別でご紹介します。初心者からアスリートまで、動画を見ながら試してみてくださいね!

1セットたったの4分で、目に見えて身体が変わってくる「HIITトレーニング」。今回は初心者・中級者・上級者とレベル別に分けて、効果的なメニューをご紹介します!

  1. HIITトレーニングとは?
  2. HIITトレーニングの効果
  3. HIIT初心者向けのメニュー
  4. HIIT中級者向けのメニュー
  5. HIIT上級者向けのメニュー

HIITトレーニングとは?

「HIITトレーニング」とは、全力で動く運動とゆるい運動を交互に繰り返す、高強度インターバルトレーニングのことです。HIITは「High intensity interval」の略であり、短時間で高い効果を得られるトレーニングとして知られています。

HIITトレーニングの代表格といえば、アスリートのパフォーマンススキル向上のためのトレーニングを研究していた立命館大学の田端教授のグループが開発した「タバタ式トレーニング」です。タバタ式トレーニングとは、20秒の全力で行うトレーニングと、10秒の休息を8回繰り返すトレーニング方法です。

HIITトレーニングの最大の特徴は、高強度のトレーニングを行うことでトレーニング時間を大幅にカットできることです。1セットに要する時間はたった4分なので、トレーニングにあまり長い時間をかけられない人におすすめのトレーニング方法だといわれています。

HIITトレーニングの効果

キツいことで知られているHIITトレーニングですが、その分いくつもの効果があります。以下にHIITトレーニングの主な効果をまとめたので、トレーニングを始める前にチェックしてみましょう。

トレーニング後も脂肪が燃焼し続ける

HIITトレーニングの最大の効果は、トレーニング後も長時間脂肪が燃焼し続けることです。これは無酸素運動であるHIITトレーニングを行うことで、身体がさまざまな代謝物を取り除いたり、傷ついた細胞を修復しようとするから。この過程で酸素供給量が高くなり、トレーニングを終えた後もまるで有酸素運動をしているかのような状態になるのです。これをExcess Post-exercise Oxygen Consumption、略して「EPOC」効果といいます。

持久力がアップする

HIITトレーニングは心肺に負荷をかけるトレーニング方法なので、HIITトレーニングを継続していると持久力がアップします。最初の頃はかなりキツく感じるHIITトレーニングですが、回数を重ねるごとに持久力がつき、だんだんと楽になってくるでしょう。

自律神経が整う

高強度のHIITトレーニングを行うことで、自律神経が整うともいわれています。これは、しっかり動くことで心肺機能が強化され、呼吸が深くなるから。深い呼吸を繰り返すヨガを行うと、自然とリラックスできることと同じですね。

見た目が変わる

HIITトレーニングは筋肉を減らさずに体脂肪だけを落とせるので、筋肉を引き立たせたい人におすすめです。目に見えて身体が変わってくるので、見た目を変えたいならHIITトレーニングを試してみてください。

次のページでは、レベル別でHIITトレーニングのメニューを紹介します♪

記事をSNSでシェアする