バレエ教室

初心者でも安心!トゥシューズの選び方やおすすめ商品を紹介!

バレエというものをイメージしたときつま先で立つ姿が思い浮かぶ人が多いでしょう。あのつま先立ちを可能にしているシューズの秘密を、こちらではご紹介致します。これから履こうとお考えの方にもぴったりなおススメのシューズもありますよ!

トゥシューズとは

バレエのレッスンでは、バレエシューズとトゥシューズという2種類のシューズを用います。
この2つはまったく違うものです。

こちらの映像で東京バレエ団の上野水香さんが履いていらっしゃるのがバレエシューズです。
布や革などの素材で作られているため、素足に近い感覚ではくことができるのです。

こちらは上野水香さんのトゥシューズを履いたレッスン。
布のバレエシューズと比べて、爪先の先端に平たくなった部分があることが分かりますね。この部分をプラットフォームといい、この部分があることでいわゆる「つま先立ち」というものが可能になっています。この「つま先立ち」のことを「オンポワント」という言い方をすることが多く、そこから派生してトゥシューズのことを「ポワント」と呼ぶ方も多くいらっしゃいます。どちらが正しいというのではなく、二種類の呼び方があると考えておくと良いでしょう。
トゥシューズを履いてレッスンを行うクラスは「ポワントクラス」や「ポワントレッスン」と呼ぶことが多いようです。

トゥシューズの原材料は木と布!
痛みが生じることもあるので、履く際には指先部分に布などを詰めたり、専用のトウパッドというものを使用します。
ただし、この靴を履けば誰もが爪先で立つことができる訳ではありません。
バレエシューズでのレッスンを重ねて体幹などの筋力で足だけに体重がかからない身体を作り上げなければならないのです。
また、足の甲がぐっと出せることや、足にもある程度筋肉がついていることも必要となります。
低学年の頃は足骨の成長軟骨の骨化がまだ完成していないので、骨が成長し安定する年齢までは、トウシューズを履くことはおすすめできません。
バレエといえばトウシューズ!という思いから、お教室で許可が出ていなくても履いてみようというチャレンジをしてしまう人やお子さまが時折いらっしゃいます。
しかしそうすると、骨折やねん挫などの怪我に繋がるだけでなく、ケガなく履いて立てたとしても、バレエにふさわしくない位置の筋肉が肥大してしまい、間違った立ち方の癖がつく可能性がかなり高いのです。
トウシューズは、お教室の先生の許可を得てから。
これが原則だと心得てください。

トゥシューズの選び方

トウシューズには様々な種類があり、それによって、硬さや固められている範囲、ポワントで立つ時床に接するプラットフォームと呼ばれる面の広さなどが異なります。また、どのトウシューズもほぼ手仕事で作られている為、同じ種類で同じサイズのものを購入しても、履いて立った時の感覚がどうも違うなあなんてことがよくあるのです。だから、プロのバレエダンサーですら自分に合ったトウシューズを探す事に苦労していて、合わないものはなんとか手を加えて加工しているようです。

中敷きを半分はがしたり

ハンマーでたたいたり・・・・。
でも加工よりなにより一番最初にすべきことはフィッティングです。

こちらはお教室にフィッティングにきてもらっている様子ですが、同様のことがバレエショップでも行えます。
トゥシューズを販売してるお店で「フィッティングをしたいです」と声をかければ、トゥシューズのことがわかる店員さんが対応して下さいます。ご自身のバレエシューズのサイズや足の幅が広いか狭いかなどを把握してから行くと、スムーズにおススメのトゥシューズを提示してもらえるので、履いてみてください。
何種類かの違った特徴を持つものを履かせていただいて、つま先立ちをしたり、履いたままプリエをしたりして足が痛くないか、窮屈すぎないかといったことを確認してみてください。

トゥシューズの定番ブランドとおすすめ商品

足の形や足の強さによって、「合う」と感じるトゥシューズはまさに、十人十色です。ここでご紹介するのはほんの一例なので、必ずお店でフィッティングなさってくださいね。

グリシコ

ロシアで、伝統的な手作りを継承しながらシューズとウェアの製作をしているこちらのメーカーは、使用しているプロダンサーが多いことでも有名なメーカーです。一般的にこちらのトゥシューズは「硬い」といわれることが多いのですが、その分安定感に優れています。消音効果を施したシューズなど種類も豊富です。

グリシコのおすすめは「フェッテPRO FLEX」

グリシコ トウシューズ フェッテ PRO FLEX シャンクM 6,xxxx
グリシコで一番人気といわれている「フェッテ」は、つま先部分が広くたちやすいのだとか。しかも「PRO FLEX」という加工がされているので、音が静かです。シャンクМというのは、つま先部分や足裏部分の硬さが「ミディアム」だということ。硬いけど足の形にはあっているなあと思ったらSと書かれた「ソフトシャンク」を試してみてください。

カペジオ

アメリカの老舗メーカーであるカペジオ(capezio)は、「動きやすさ」に着目したメーカーです。ウェアやシューズにも様々な種類があるんですよ。

カペジオのおすすめは「コンテンポラ」

バレエ Capezio カペジオ・トウシューズ (コンテンポラ) dessus dessous 3.5E
つま先部分が広すぎず、狭すぎないのに安定感があり足先が美しく見えると人気のシューズです。指先部分が柔らかく、ドゥミが通しやすいという特徴があります。

サンシャ

サンシャはフランスのメーカーで、タイツやシューズなどのバレエ用品を展開しているメーカーです。

サンシャのおすすめは「エチュード」

[Dessus Dessous] sansha サンシャ・トウシューズ 505エチュード 7 W 幅広
つま先が広くなっており、柔らかめなのでドゥミが通りやすい上に、甲も出しやすい形状となっています。初心者の方が好むことの多いシューズで、お値段がお手頃なところも注目されやすいポイントです。
大抵のトゥシューズが6000円~10000円のところ、サンシャはセール時に3000円代だったりするのです。
アマゾンでは購入できませんが、チャコットのトゥシューズは日本製で日本人の足のことを考えていると言われていますし

やや高価ですが、「形状記憶でシューズが立たせてくれる」といわれ人気の高いゲイナーミンデンなども試してみる価値はあります。

まとめ

トゥシューズにはさまざまな種類があり、今や「立ちやすく痛くないもの」を目指して改善に改善が重ねられています。だから、「ぴったり!」と思うシューズが見つかるまでいろんなシューズを履いてみてくださいね!

関連記事