スクワットの消費カロリーとは?男女別の計算方法について

スクワットは体幹や下半身など、たくさんの筋肉を刺激できる筋トレです。「スクワット15回は、腹筋500回分に相当する」とも言われていますが、実際に消費できるカロリーはどれぐらいなのでしょうか? そこで今回は、スクワットの消費カロリーの計算方法を解説します。

スクワットの消費カロリーの計算方法を男女別で解説します。スクワットがダイエットに最適だと言われる理由も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

  1. スクワットの消費カロリーは?
  2. スクワットの最大の効果は、カロリー消費ではなく基礎代謝の向上!

スクワットの消費カロリーは?

少ない回数でカロリーを消費できるスクワット。驚くことに、スクワット15回は腹筋500回分に相当するとも言われています。そんなスクワットの消費カロリーを確認してみましょう。

消費カロリーの計算方法

運動による消費カロリーの計算には「METs(メッツ)」という単位を用います。厚生労働省によると、METsとは運動強度の単位であり、安静時を1としたときと比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示したものです。
参考:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-004.html

そして、国立健康・栄養研究所はMETsを使用したエネルギー消費量の計算方法を紹介しています。

エネルギー消費量 (kcal/10min) = 体重 (kg) × ( METs – 1 )× 10/60

国立健康・栄養研究所のデータによると、スクワットのMETsは5.0となっています。
参考:https://www.nibiohn.go.jp/eiken/programs/2015mets.pdf

男性・女性別の消費カロリー例

男性の場合

体重70kgの方が10分間スクワットをした場合、消費カロリーは以下の通りになります。

70 (kg) × (5 – 1) METs × 10/60 = 約47 (kcal)

女性の場合

体重が50kgの方が10分間スクワットをした場合、消費カロリーは以下の通りになります。

50 (kg) × (5 – 1) METs × 10/60 = 約33 (kcal)

スクワットの最大の効果は、カロリー消費ではなく基礎代謝の向上!

スクワットの消費カロリーを計算すると、意外と少ないことがわかりました。スクワットを何時間も続けられるならもっと多くのカロリーを消費できますが、そんなことをしていると膝や腰に負担がかかってしまいます。つまり、スクワットによるカロリー消費でダイエットを成功させるのは非常に難しいのです。

だからといって、スクワットはダイエットに効果がないと決めつけてはいけません。実はスクワットの最大の効果は、カロリー消費ではなく「基礎代謝の向上」なのです。

基礎代謝とは、生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量のことです。簡単にいうと、何もしなくてもカロリーが消費されるということ。つまり、基礎代謝を上げれば、太りにくい身体を手に入れられるのです!

スクワットは基礎代謝の向上に最適なトレーニングです。消費カロリーが少ないからダイエット効果はないと誤解してはいけません。

まとめ

スクワットは消費カロリーが大きい筋トレではなく、大きな筋肉をつけて基礎代謝を上げるために行う筋トレです。スクワットによって基礎代謝を上げて、太りにくい身体を手に入れましょう!

記事をSNSでシェアする