甘い歌声とダンスは必見!「Jason Derulo」のヒット曲20選

Jason Deruloのヒット曲20選をお送りいたします。これまでの経歴を踏まえたJason Deruloのプロフィールと、大物アーティストともコラボした大ヒット作品を含む計20曲を一挙にご紹介していきます!

ダンサーとしても注目度が高く、甘い歌声かつタイトでポップな輝きも放つシンガー「Jason Derulo」。

今回はそんなJason Deruloのヒット曲を20曲ご紹介していきたいと思います!

Jason Deruloのプロフィール

Jason Derulo(ジェイソン・デルーロ)は、1989年生まれ。フロリダ州ミラマー出身のシンガーソングライター/ダンサーです。

色気のあるバラードソングや、迫力のあるダンスが映えるポップソングなどが魅力的なシンガーで、10代の頃よりシーンで活躍する人物です。

「Swalla」、「Talk Dirty」、「Wiggle」、「Want to Want Me」などの曲でも知られ、プラチナ認定を受けた曲も10を超えています。

8歳で曲を書き始めたというデニーロは、その才覚が認められて、10代でLil WayneやPitbullなどのアーティストの曲を作曲。

2009年にデビューシングル「Whatcha Say」をリリースすると、2010年3月にはデビューアルバム『Jason Derulo』をリリース。

さらに翌年2011年9月には、全英ナンバーワンシングル「Don’t Wanna Go Home」を収録したセカンドアルバム「Future History」をリリースしました。

その後も2013年の『Tattoos』。『Tattoos』のリイシュー作品『Talk Dirty』で、スヌープ・ドッグとの「Wiggle」や、2チェインズとの「Talk Dirty」など、多くのヒット曲をリリース。

アルバムリリースは2015年の4thアルバム『Everything Is 4』までとなっていますが、その後もNicki Minaj&Ty Dolla $ignとの「Swalla」や、Jawsh 685との「Savage Love」など、近年でもシングルリリースでヒット曲が生まれ続けています。

Jason Deruloの経歴

アルバムディスコグラフィ

・2010年『Jason Derulo』
・2011年『Future History』
・2013年『Tattoos』
・2014年『Talk Dirty』
・2015年『Everything Is 4』

Jason Deruloの名曲20選

  1. Swalla (feat. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign)
  2. Want To Want Me
  3. Wiggle feat. Snoop Dogg
  4. Talk Dirty feat. 2 Chainz
  5. Whatcha Say
  6. Trumpets
  7. Stupid Love
  8. Get Ugly
  9. Don’t Wanna Go Home
  10. Tip Toe feat French Montana
  11. Marry Me
  12. Ridin’ Solo
  13. [With] David Guetta – Goodbye (feat. Nicki Minaj & Willy William)
  14. In My Head
  15. It Girl
  16. The Other Side
  17. If I’m Lucky Part 2
  18. If It Ain’t Love
  19. [With] Jawsh 685 – Savage Love
  20. Colors

Swalla (feat. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign)

2017年リリース。ラッパーのNicki MinajとTy Dolla $ignをフィーチャリングした曲で、YouTubeのミュージック・ビデオが15億回以上の再生回数を記録しているという人気の一曲です。

Want To Want Me

2015年リリース。アルバム『Everything Is 4』に収録。この曲はビルボード・ホット100で5位を記録した他、 全英シングルチャートでは首位を記録した一曲で、クリスブラウンも作詞に参加した曲です。

Wiggle feat. Snoop Dogg

2014年リリース。アルバム『Talk Dirty』、『Tattoos』に収録。ラッパーのSnoop Doggを客演に迎えたこの曲は、2016年公開の3DCGアニメーション映画『ソーセージ・パーティー』の予告編にもフィーチャーされました。

Talk Dirty feat. 2 Chainz

2013年(US 2014年)リリース。アルバム『Talk Dirty』、『Tattoos』に収録。ラッパーの2 Chainzをフィーチャーしたこの曲は、サックスのループが印象的な曲で、様々な文化圏のダンスを取り入れられたミュージックビデオにも注目です。

Whatcha Say

2009年リリース。アルバム『Jason Derulo』に収録。Jason Deruloの記念すべきデビューシングルです。Imogen Heapの2005年のシングル「Hide and Seek」のヴォーカルサンプリングが特徴の曲で、ビルボード・ホット100では1週間トップを記録しました。

Trumpets

2013年(US 2014年)リリース。アルバム『Talk Dirty』、『Tattoos』に収録。ミッドテンポのR&B/ポップスなこの曲は、一緒にいる度トランペットが頭の中を吹き抜けるように、誰かに恋をしたり、夢中になったりすることについて歌っている曲なのだそうです。

Stupid Love

2014年リリース。アルバム『Talk Dirty』、『Tattoos』に収録。UKやオーストラリアを中心にヒットした他、ブルガリアのチャートで5位を記録するなどの動きも見せた、ミドルテンポバラードです。

Get Ugly

2015年リリース。アルバム『Everything Is 4』に収録。ダンスシーンが大きく映り込むミュージックビデオは、批評家たちから「デルーロのダンサーとしての才能が発揮されている」と評価を受けている作品です。

Don’t Wanna Go Home

2011年リリース。アルバム『Future History』に収録。Harry Belafonteの1956年のシングル「Day-O (The Banana Boat Song)」のフレーズが印象深いこの曲は、UKシングルチャートでも1位を記録したダンスミュージックです。

Tip Toe feat French Montana

2017年リリース。ラッパーのFrench Montanaがフィーチャーされた曲で、11月10日に上がったリリックビデオは、デルーロ自身が監督を務めたのだそうです。

Lyric Video

記事をSNSでシェアする