腹筋は毎日やっても効果は出にくい?最も効果的な頻度を解説

割れた腹筋を手に入れるために、毎日腹筋に取り組んでいる人もいるのではないでしょうか?じつは、それは間違った努力です。腹筋は毎日やっても効果が高まることはなく、むしろケガのリスクを上げるだけなのだとか!? ということで今回は、腹筋の効果的な頻度を解説します。

腹筋の効果的な頻度を知りたい方に向けて、おすすめの頻度とその理由を解説します。美しく割れた腹筋を手に入れるために、より高い効果を得られる頻度を知り、正しい腹筋のやり方をマスターしましょう!

  1. 腹筋の筋力アップを目指すなら「中2日空ける」のがおすすめ
  2. 効果的な頻度は?
  3. 正しい腹筋のやり方

腹筋の筋力アップを目指すなら「中2日空ける」のがおすすめ

筋トレに励んでいる方なら、一度はシックスパックに憧れたことがあるのではないでしょうか?割れた腹筋を手に入れるために毎日腹筋に励み、筋肉痛になっても痛みを我慢しながら腹筋をして…。じつはこの方法、腹筋の筋力アップに効果的とは言えません。

腹筋の筋力アップを目指すなら、毎日腹筋に取り組むのではなく「中2日空ける」のがおすすめです。筋肉痛がある状態で筋トレをすると、痛みのせいで可動域が狭まって効率が悪くなる上にケガをする可能性が高くなります。

また、腹筋は他の部位の筋トレをしていると自然に使われているので、シックスパックを維持している人でも週2~3回を目安に行っています。つまり、腹筋を毎日やるのは間違った努力だということ。できるだけ早く肉体改造をしたい気持ちはわかりますが、毎日腹筋をするのは効果が薄いどころかケガに繋がる恐れがあるので、あまりおすすめはしません。

筋肉はどれくらいで回復する?

筋肉は48時間~72時間を目安に回復します。筋トレで損傷した筋線維はこの間に修復されていき、その過程で発生する痛みが「筋肉痛」となって現れます。そして48時間~72時間かけ、筋繊維が完全に修復されたら筋肉強化の完了です。この一連の過程を「超回復」といいます。

筋肉の回復にかかる時間は部位によって大きく異なり、腹筋の超回復は約24~48時間とされています。ただ、負荷の大きな腹筋によって現れた筋肉痛が24時間で治るとは思えないので、基本的には48時間~72時間で回復すると覚えておくといいでしょう。

効果的な頻度は?

腹筋の効果的な頻度は、週3回程度だといわれています。それ以上行いたい場合は、腹直筋と腹斜筋を分けて鍛えることをおすすめします。

正しい腹筋のやり方

腹筋をする時に腕の力を使ったり、腰を浮かせた状態から反動を使って起き上がったりしていませんか?こうしたやり方では腹筋に効かせることはできません。

この動画では仰向けに寝転んだ状態ではなく、腹筋に効かせた状態をスタートラインにする腹筋方法が解説されています。パーソナルトレーナーの太田兄弟の解説を聞きながら、ぜひ真似してみてください!

まとめ

腹筋の効果的な頻度について解説しました。

何事も毎日継続するのは素晴らしいことですが、ケガを防ぐためにも腹筋は中2日空けて取り組むことをおすすめします。その分1回のトレーニングの負荷を上げたり、別の部位を鍛えたりして、効率のよいトレーニングを行いましょう!

関連記事