1週間で5Kgマイナス!短期間ダイエットの方法を紹介

「とにかく1週間で痩せたい!」「1ヶ月後の予定に向けてダイエットを始めたい」など、短期間で痩せたいと願う人は少なくありません。そこで今回は、10kgマイナスのダイエット経験がある筆者が短期間ダイエットの方法を紹介します。1週間で5kgマイナスを達成できるダイエット方法も!?

短期間で痩せたい人や、ダイエットを継続する自信がない人必見!1週間&1ヶ月で確実に痩せられる短期間ダイエットの方法を紹介します。あわせて注意点やダイエットに対する考え方もまとめました!

  1. 短期間で痩せるには食事制限が必須!
  2. 1週間で5kgマイナスを実現する究極のダイエット方法を紹介!
  3. 1ヶ月で痩せたい人向けの短期間ダイエット方法は?
  4. 短期間ダイエットの注意点

短期間で痩せるには食事制限が必須!

短期間でダイエットを成功させるには、ある程度の食事制限が必須です。どれだけ運動量を増やしたとしても、消費カロリーより摂取カロリーが上回ってしまうと痩せることはできません。私自身、過去に10kgマイナスのダイエット経験がありますが、食事制限なしに痩せることはできませんでした。まずは食生活を見直し、摂取カロリーより消費カロリーが多くなるように食事に気を配りましょう。

そうはいっても、断食のような無理な食事制限は禁物です。極端な食事制限は健康を害するだけでなく、ボディーラインを崩す恐れがあります。私はこれまでいろんなダイエットを試し、無理な食事制限をしてまで痩せようとしたこともありますが、断食で痩せたところで求めるスタイルは手に入りません。無理な食事制限は顔色を悪くしたり、肌を乾燥させたり、心を落ち込ませたりします。

食事制限は必要ですが、食べなければいいというわけではありません。「制限すべき食品」と「摂るべき食品」を理解し、健康的な美しさを手に入れましょう。

1週間で5kgマイナスを実現する究極のダイエット方法を紹介!

メディアを通してさまざまな短期間ダイエット方法が紹介されていますが、最近「VLCD」というダイエット方法が話題になっていることを知っていますか?

VLCDとは「Very Low Calorie Diets」の頭文字をとった言葉であり、1970年代から研究されている歴史あるダイエット方法です。別名“半飢餓療法”と呼ばれるVLCDは、1日400kcalという超低カロリーで1週間過ごす、というちょっぴり過激なダイエットです。VLCD期間中に摂取していいのはタンパク質60~70gと塩6gだけ。VLCDを行うと、1週間から10日で平均6~10kg痩せることができます。

※VLCDは元々は肥満度70%以上の重症肥満者向けのものです。短期間ダイエットの中ではかなり危険な部類に入るので、大々的におすすめすることはできません。とくに心臓病、血液の病気、腎臓病などの既往症がある人、糖尿病でインスリン治療中の方には禁忌(タブー)となっているので注意してください。

1ヶ月で痩せたい人向けの短期間ダイエット方法は?

1ヶ月で痩せたい人におすすめしたいのは、レコーディングダイエットとエクササイズDVDでのトレーニングです。ダイエットは人によって合う合わないがあり、たくさん水を飲む水ダイエットや、1日のうち1食をダイエット食品に置き換える置き換えダイエットなどは私には合いませんでした。ただ、こればかりは試してみなければわからないので、気になるダイエットがあれば1週間ほど試してみてください。

私が実際に効果を実感したレコーディングダイエットは、1日に食べた物を書き出して記録するという非常に簡単な方法です。それに「DVD付き 樫木式カーヴィーダンスで即やせる!」をプラスしました。さらに具体的にいうと、毎日全身浴をしたり、周囲にダイエット中であることを伝えて外食を控えたりと完全にダイエットモードに切り替えました。

私の場合は3kg痩せた頃から「痩せた?」と言われるようになったので、とりあえず3kg痩せるまで粘ってみてください!

短期間ダイエットの注意点

短期間ダイエットで注意したいのは、数字を追い求めるあまり神経質になってしまうことです。今日も体重が減っていない…頑張ったのにむしろ増えている…と悩み始めると、ストレスがたまって暴飲暴食に走ってしまう恐れがあります。ネガティブになってしまったときは、鏡でボディラインをチェックして細くなった部位を確認してみましょう。短期間ダイエットに焦りは禁物です。

また、食事制限をしてもたんぱく質は必ず摂ること、水分補給をすることを念頭に置き、体調不良を感じたらただちにダイエットを中止してください。

最後に

ここまで短期間ダイエットの方法を紹介してきましたが、最後にダイエットについて考えてみましょう。

ダイエットのゴールは、体重を落とすことではないはずです。短期間ダイエットに挑戦する人には、体重という数字ではなく理想のスタイルを手に入れること、美しいボディラインを作ること、健康になることを目標にしてほしいと思っています。努力は必要ですが、無理は禁物です。将来の自分への投資として、健康的なダイエットを心掛けましょう!

関連記事