BTOB ミニョクのプロフィールを紹介!内面も素敵なビジュアル担当!?

7人組のボーイズグループ「BTOB(ビートゥービー)」。BTOBはK-POPアイドルグループの間で囁かれる「魔の7年」というジンクスを乗り越えたグループです。今回はBTOBの2代目リーダー兼リードラッパーを担当する「ミニョク」のプロフィールをご紹介します。基本情報から厳選インスタ画像までチェックしてみましょう!

CUBEエンターテインメントに所属する「BTOB(ビートゥービー)」は、7人組のボーイズグループです。そんなBTOBは「バラドル(バラードソング+アイドル)」「大器晩成ドル(大器晩成+アイドル)」「実力派ドル(実力派+アイドル)」などと呼ばれています。

今回ご紹介するのは、BTOBの2代目リーダー兼リードラッパーを担当する「ミニョク」です。基本的なプロフィールをはじめ、見分けるポイントや性格についてまとめました!

  1. BTOとは
  2. BTOB ミニョクのプロフィール
  3. BTOB ミニョクの厳選インスタ画像10選

BTOBとは

「BTOB(ビートゥービー)」とは、2012年3月21日に韓国でデビューした7人組のボーイズグループです。2014年11月12日には、待望の日本デビューも果たしています。所属事務所はCUBEエンターテインメント。

グループ名は「Born To Beat」の頭文字を取ったもので、”新しい音楽(ビート)とステージを披露するために生まれた”という意味が込められています。

BTOBはバラードを得意とすることから「バラドル(バラードソング+アイドル)」、徐々に人気が高まったことから「大器晩成ドル(大器晩成+アイドル)」「実力派ドル(実力派+アイドル)」などと呼ばれています。また、BTOBのファンは「Melody」と呼ばれており、これは「BeatとMelodyが合わさって、初めて素敵な音楽になる」という理由でメンバーのイルフンが命名しました。

韓国のアイドルグループには、デビュー後7年で解散に追い込まれるケースが多いことから「魔の7年」というジンクスがあります。しかし、BTOBは誰1人欠けることなく再契約を結びました!

BTOB全メンバーのプロフィールはこちら

BTOB全メンバーのプロフィールを紹介!性格や特徴も

BTOB ミニョクのプロフィール

本名 イ・ミンヒョク
ニックネーム ミニョ、ミニョギ
生年月日 1990年11月29日
身長 173cm
体重 61kg
血液型 A型
出身地 韓国 ソウル特別市 蘆原区中渓洞
趣味 映画鑑賞、スポーツ
特技 ファンサービス、ラップ、自撮り、アクロバット
ポジション 2代目リーダー、リードラッパー

BTOB ミニョクの厳選インスタ画像10選

見分けるポイントは?

ミニョクを見分けるポイントは、一重の目元です。EXOのベッキョン、超新星のユナク、TXTのスビンに雰囲気が似ていると言われることもあります。また、低音のラップも特徴的です♪

性格は?

ミニョクの性格は、典型的なA型と言われるように几帳面で綺麗好き。また、ぶりっこが上手く、ファンからは「女子力が高い」と言われています。自撮りも上手いミニョクは自身のことを「ちょっとナルシスト」だと答えています。

BTOBのビジュアル担当!

BTOBのビジュアル担当であるミニョクは、まるで王子様のようなルックスから「みんなの彼氏」「万人の彼氏」と呼ばれています。また、ファンサービスを欠かさないことでも知られており、アイドルの中のアイドルと言われています♡

ムキムキの筋肉が魅力♡

ムキムキの筋肉が魅力的なミニョクは、韓国で有名な「Men’s Health」という筋肉雑誌の表紙を務めたこともあります!

2020年9月12日に除隊した!

2019年2月に入隊したミニョクは、2020年9月12日に除隊しました。

BTOBの派生ユニット「BTOB 4U」としても活躍中!

BTOBの4人のメンバーで結成された「BTOB 4U」としても活躍しているミニョク。BTOB 4Uはウングァン、ミンヒョク、チャンソプ、プニエルの4人で構成されています。

家族構成は?

父、母、兄の4人家族です。

運動神経抜群の「体育ドル」

K-POPアイドルスター陸上大会「アユクデ」では、毎年多くの競技で1位を獲るほど運動神経が良いミニョクは「体育ドル」とも呼ばれています。

俳優業としても活躍している!

俳優としても活躍しているミニョクは「甘く殺伐としたファミリー」や「悪夢先生」など、数々の作品に出演しています。

2019年1月、待望のソロデビューを果たした!

2019年1月、ソロアルバム『HUTAZONE』をリリースしてソロデビューを果たしたミニョク。『HUTAZONE』はビジュアルからプロデュースに至るまで、すべてミニョク自身が担当しています。

関連記事