dj hondaってなにもの?プロフィールや爆発的に売れたグッズを紹介!

イチローを始め多くのスポーツ選手やヒップホップ界隈で人気のあった「h」マークのグッズ誕生秘話やdj hondaのプロフィールについて紹介します。 また、彼が手がけた曲についてもあわせてご覧ください。

90年代カルチャーに詳しい人も、そうでない人も一度は目にしたことがあるであろう、「h」マークのロゴキャップ。結果的に大流行となったdj hondaのグッズは、どんな経緯で売れ始めたのでしょうか?ここではdj hondaについてや、彼が超有名グッズを生み出すまでの秘話を紹介!

  1. dj hondaってなにもの?
  2. 大流行したグッズについて
  3. dj hondaが手がけた楽曲
    1. Out For The Ca$h feat. Common Sense, Fat Joe & The Beatnuts & Al’Tariq
    2. Travellin’ Man feat. MosDef
    3. Shine On
    4. On the Mic feat. Cuban Link, Juju, A.L, Missin’ Linx (Al’Tariq, Problemz, Black Attack)
    5. Straight Talk From NY feat. Sadat X, Grand Puba & Wakeem
    6. 無常 -The Vanity-
    7. Ghetto Woman
    8. I Need More feat. KOJOE
    9. A Rapper got killed again feat.BLAHRMY
    10. JOY&PAIN

dj hondaってなにもの?

dj hondaの本名は本田勝裕。北海道出身。高校を中退し上京してから、ディスコで働いていましたが、そこでヒップホップと出会い、1980年代からクラブDJとして活動していました。1985年から1992年にかけてDJ KOOらと日本で最初のリミックス・ユニットである「The JG’s」を結成。
1990年にニューヨークで開かれたDJの世界大会「DJ Battle World Supremacy」に日本人として初参加し、2回目の92年に準優勝。世界で手ごたえを感じたdj hondaは1994年にアメリカへ移住します。1995年には日本でファーストアルバム「dj honda」をリリース。このアルバムには、ファット・ジョー、コモン、DJプレミア、レッドマンなど超有名ヒップホップアーティストたちがが参加しています。

その後も世界や日本の名だたるミュージシャンたちとコラボレーションしアルバムをリリースしたり、全国ツアーを敢行したり、国内外でやジャンルを問わず様々な音楽をプロデュースしています。

大流行したグッズについて

大流行した商品の数々を紹介。あなたも一度は目にしたことがあるはず!?

流行したグッズ紹介

キャップ

(ディージェイホンダ)dj honda メンズ 立体 ロゴ 刺繍 吸汗 速乾 ソフト ピケ メッシュ スポーツ キャップ 251D29-P (グレー)

30万個売れ。売り上げはなんと100億円。

スニーカー

[ディージェイホンダ] スニーカー DJ-202 メンズ ブラックレッド 26.5

シンプルだけど上品感が漂うスニーカー。

長袖プリントTシャツ

(ディージェイホンダ)dj honda メンズ 長袖 プリント 綿100% 胸ポケット付き Tシャツ 882015 (ホワイト, M)

ラフすぎず、場所を問わずに着れるTシャツ。

財布

dj honda(ディージェイホンダ) DJS-008 ラウンドファスナー小銭入れ付き 2つ折り財布 (ブラック)

大人な雰囲気を醸し出す財布。

流行となった秘話

dj hondaはアーティスト活動をする上で「音楽しかやらない。」という方針を持っていました。その為派手なアーティスト写真などは撮らず、代わりに「h」マークのついた帽子を深くかぶりました。顔をあまり見せないdj hondaがメディアに露出するたびに「h」マークが人々に強い印象を与えていきました。初めはライブ会場やイベントで配る、宣伝のためのグッズだったそうですが、1990年代半ばに元プロ野球選手のイチローが被り、人気が爆発。グッズの管理が個人では手に負えなくなり、アメリカのライセンス管理会社「サウスアンドウエスト」と契約を結び、グッズを大量生産するようになりました。
それからスニーカーやバッグ、時計など様々な商品が販売され、どれも大ヒット。シンプルなデザインだからこそ、広い層に長く人気がありました。90年代のヒップホップグッズとして今も見かける「dj honda」ブランドは、このような経緯で有名になったのです。

また、この現象についてdj honda自身は「いいじゃん。それがきっかけで、音楽を知ってもらえれば。」とコメント。DJという本業にこだわり続けたことで、よりdj hondaを世の中に知らしめることとなったのです。

関連記事