20世紀の音楽史に欠かせないアーティスト「マーヴィン・ゲイ」の名曲20選

アメリカの音楽史に確実に名前の残るアーティスト「マーヴィン・ゲイ」の厳選曲20選を紹介。60年代から80年代のブラック・ミュージックの代表曲を是非ご堪能下さい。

ソウルのプリンスとよばれ、現代のアメリカの音楽にも大きな影響を与えたミュージシャン「マーヴィン・ゲイ」。

死後も彼の作品や活動は讃えられ続け、数々の楽曲は未だに多くのファンに愛聴されています。今回はそんなレジェンド・アーティスト「マーヴィン・ゲイ」の名曲20選を紹介します!

  1. マーヴィン・ゲイのプロフィール
  2. マーヴィン・ゲイの名曲20選
    1. Sexual Healing
    2. Ain’t No Mountain High Enough
    3. I Heard It Through The Grapevine
    4. What’s Going On
    5. Let’s Get It On
    6. Got To Give It Up
    7. Mercy Mercy Me (The Ecology)
    8. It Takes Two
    9. How Sweet It Is (To Be Loved By You)
    10. I Want You
    11. You’re All I Need To Get By
    12. Distant Lover
    13. Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)
    14. Just To Keep You Satisfied
    15. Trouble Man
    16. Come Live With Me Angel
    17. Come Get To This
    18. You Sure Love To Ball
    19. If I Should Die Tonight
    20. After The Dance

マーヴィン・ゲイのプロフィール

マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)は、本名マーヴィン・ペンツ・ゲイ・ジュニア(Marvin Pentz Gay Jr)。1939年4月2日生まれ(1984年4月1日没)。「ソウルのプリンス」と呼ばれるアメリカのシンガーです。

20世紀のアメリカの音楽界には欠かせない人物であり、時代の変化とともにR&Bやソウルの領域で広く活躍。

60年代にはモータウン・サウンドの形成と発展に大きく貢献し、「How Sweet It Is (To Be Loved By You)」、「I Heard It Through the Grapevine」などのヒット曲で有名です。

また、70年代に入るとアルバム『What’s Going On』では社会的な部分にスポットを当てた作品を発表。独自の路線を確立しつつ、ファンクやブラックスプロイテーション、ディスコなど幅広いジャンルの作品を生み出しました。

その後もクワイエット・ストームやネオ・ソウルなど、現代R&Bへ多大な影響を与える音楽をリリースし、80年代に入ると、アルバム『Midnight Love』ではグラミー賞を受賞。

しかし、1984年4月1日に父親と口論の末射殺されるという悲劇に見舞われます。死後には、「グラミー賞特別功労賞生涯業績賞」、「リズム・アンド・ブルース音楽の殿堂」、「ソングライターの殿堂」、「ロックンロールの殿堂」入りなど多くの称賛が彼に贈られています。

マーヴィン・ゲイの名曲20選

Sexual Healing

1982年リリース。アルバム『Midnight Love』に収録。モータウンから脱退後初めてのシングルとしてリリースされた曲です。マーヴィン・ゲイの絶対的な人気曲であり、名曲中の名曲と言える曲です。

Ain’t No Mountain High Enough

1967年リリース。歌手タミー・テレルとのデュエット曲で知られる一曲。元々は、ニコラス・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンという二人の人物が1966年にモータウンの一部門である「タムラ・レーベル」のために作曲した曲です。またダイアナ・ロスがカヴァーしたことでも広く知られる一曲です。

I Heard It Through The Grapevine

1968年リリース。1966年にノーマン・ホイットフィールドとバレット・ストロングが書いたこの曲は、1967年の初めにマーヴィン・ゲイバージョンをリリース。アルバム『In the Groove』にも収録されました。この曲は、ソウルの名曲として高く評価されている一曲です、

What’s Going On

1971年リリース。マーヴィン・ゲイ自身がプロデュースし、警察官の暴行事件に着想を得て作曲された曲です。

Let’s Get It On

1973年リリース。アルバム『Let’s Get It On』に収録された、アルバムのタイトルトラックです。この曲は、マーヴィン・ゲイがモータウン在籍中最も成功したシングルと言われている、セクシャリティのある一曲です。

Got To Give It Up

1977年リリース。この曲はUSビルボードホット100チャートを始め3つのチャートで一位を獲得したディスコソングです。この曲はR&Bシンガーのアリーヤなどにカバーされました。

Mercy Mercy Me (The Ecology)

1971年リリース。アルバム『What’s Going On』に収録。環境に対する悲しみを表現したこの曲は、R&Bシングル・チャートで1位を獲得したミリオンセラーソングです。

It Takes Two

1966年リリース。モータウンのタムラ・レーベルのヒット曲で、歌手のキム・ウェストンとのコラボ曲です。また、イギリスでメジャーヒットとなった初のシングルでもあるそうです。

How Sweet It Is (To Be Loved By You)

1964年リリース。マーヴィン・ゲイの5thアルバム『How Sweet It Is to Be Loved by You』に収録。曲のタイトルは、俳優/コメディアンのジャッキー・グリースンのフレーズ「How Sweet It Is!」から着想を得たのだそうです。

I Want You

1976年リリース。アルバム『I Want You』に収録。この曲は当時の恋人であり、後に結婚するジャニス・ハンターへのロマンティックで官能的な内容が綴られている一曲です。

次ページでは「名曲20選」の後半戦をお送りします!

関連記事