日本でも大ヒットした!Boney M.の名曲20選

世界のミュージック・シーンに大きな影響を与えたボニーM.の名曲20曲を紹介します。

1970~80年代に活躍し世界に名を広めたディスコバンド、Boney M.のプロフィールや日本でも有名な楽曲を紹介します。

Boney M.のプロフィール

Boney M.(ボニーM)は、1970∼80年代に活躍したディスコバンド。
メンバーは、ジャマイカ出身のマーシャ・バレット、リズ・ミッチェル、小アンティル諸島モントセラト島出身メイジー・ウィリアムス、西インド諸島アルバ島出身ボビー・ファレル、ガーナ出身のレギー・ツィボーの4人。ドイツのバンドですが、メンバーは中南米やアフリカ出身で、歌詞は英語で歌われています。70年代のディスコシーンで数々のヒットを放った彼らの曲は、ミュンヘン・サウンドとして世界中に知られるようになりました。

Boney M.の経歴

1974年暮れ、西ドイツのプロデューサーフランク・ファリアンがディスコでのヒットを狙い「ベイビー・ドゥ・ユー・ウォナ・バンプ」をリリース。1970年代後半に「ダディー・クール」「サニー」「マ・ベイカー」「ベルファースト」「リヴァーズ・オブ・バビロン」「ラスプーチン」などをリリースし世界的に大ヒット。
1975年から1988年まで38曲がトップ10入りし、ドイツでは15曲で第1位、イギリスでは5曲で第1位を獲得しました。

これまでのBoney M.

Boney M.は、ドイツのミュージシャンであるフランク・ファリアンがメンバーを集めたところから始まりました。フランク自身が男声ボーカルを担当して売り出したところ大ヒット。しかしその当時表舞台に出ていたのはボーカルとは別のメンバー。テレビやメディアで活躍するためにフランクはボーカリストをオーディションで抜擢し、そこからグループとして表舞台で活躍していくこととなりました。

世界的に大ヒットしたBoney M.の名曲は世界中でカバーされています。ドイツで1位、イギリスでも10位を獲得したデビュー曲「ダディクール」は韓国のヒップホップグループDJ DOCが2000年に「Run to you」としてアレンジされ大ヒット。日本でもDJ OZMAが「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」としてカヴァーし、ヒットとなりました。
Boney M.の代表曲には、「怪僧ラスプーチン」や「サニー」、「バビロンの河」などがあり、それらが収録されたベストアルバム「マジック・オブ・ボニーM」はミリオンヒットを記録しました。特に、ロシア最後の皇帝ニコライ2世の側近で、悪名高いラスプーチンを歌った歌「怪僧ラスプーチン」は、ドイツのディスコバンドであるジンギスカンがデビューするきっかけになったことで知られています。
「怪僧ラスプーチン」は日本でも2007年に桜塚やっくんが日本語でカバーし、ヒットしています。

Boney M.の今すぐ聞くべき名曲20選

Rasputin(怪僧ラスプーチン)

ロシア最後の皇帝ニコライ2世の側近として使えるグリゴリー・ラスプーチン(Grigori Rasputin)を賛美した曲。「ロシアの偉大なラブマシーン」と呼ばれる男らしいラスプーチンをテーマにしていて、2021年にはtiktokでこの曲をつかって筋肉をフィーチャーするミームが流行しました。

Daddy Cool (ダディ・クール)

ボニーMの代表曲の1つでもあるこの曲は、日本でも大ヒットし70年代ディスコを象徴する名曲でもあります。

Ma Baker

アメリカシカゴに実在したギャング集団を統率する女マ・ベイカーとその息子たちのテーマ。サビの「ママママママ―」という部分は、レディ・ガガの「ポーカーフェイス」にも引用されています。

Rivers of Babylon(バビロンの河)

ジャマイカのレゲエ・グループ「ザ・メロディアンズ」1970年にリリースした楽曲をカバーし、1978年にリリースされました。旧約聖書「詩篇」の一節が歌詞に用いられていて、バビロン捕囚に嘆くエルサレム市民の嘆きが歌われています。

Sunny

1966年にボビー・ヘブがリリースし、全米第2位になった大ヒット曲「サニー」のカバー。この曲は他にも多くのアーティストにカバーされていて、その数はなんと500を越えるそう。

Gotta Go Home

1973年にリリースされたNighttrainの「Hallo Bimmelbahn」のカバー曲。日本ではCMソングにも使われ、イントロの「ウウウウーウウ…」という部分を聞けば誰もが「この曲か!」とわかるはず。

Belfast

1970年~1974年に北アイルランドの首都ベルファストで起きた、カトリック教徒と英国国教会との闘争事件を取り上げたもので、珍しくマーシャがボーカルを担当している、BoneyMの中では一風変わった聞き味の曲。

Brown Girl in the Ring

に新インド諸島の動揺として知られるこの曲は、「バビロンの河」のB面で発売され、人気となりましたが、元々Malcolm’sLocksによって録音されていたため、使用料をめぐる論争が発生しました。

Hooray ! Hooray ! It’s a Holi-Holiday

スティール・ドラムの音が目立つ、南国風で陽気なディスコ・サウンド。このシングルがリリースされた5月には、ボニーMがプロモーションのため初来日したそう。

Malaika

スローテンポの南国感あふれる優しいサウンド。聞いてるだけで癒されますね!

Dancing in the Streets

聴くとフロアで踊りまくりたくなる、ファンキーなディスコサウンド。長い間CDにされていませんでしたが、2007年にオリジナル・アルバムにて初めてCDに収録されました。

関連記事