バレエのステップ「パドブレ」のやり方とコツを動画で紹介!

バレエの数あるステップの中でも基本中の基本「パドブレ」のやり方とコツを紹介します。 このステップは、コンビネーションに多用される動きなので、レッスンだけではなく、自宅でもしっかりと復習しましょう。


僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

数え切れないほど多くのステップが存在するバレエですが、その中でも頻繁に登場する「パドブレ」を知っていますか?
パドブレは、つま先立ちのルルベの状態で足を交互に動かすステップです。バレエ上級者になると、コンビネーションの中で多用されるパドブレを流れるように踊ることができますが、バレエ初心者なら「上手くパドブレができない…」と悩んでいる方も少なくはないでしょう。

そこで今回は、バレエの基本ステップ「パドブレ」のやり方とコツをご紹介します。記事の最後ではバレエ以外のパドブレも紹介しているので、ぜひラストまでご覧ください。

  1. バレエのステップ「パドブレ」を動画でチェック
  2. 「クペ・パドブレ」のやり方を解説
  3. パドブレのコツ
  4. ジャズダンスやストリートダンスにもパドブレが存在する!?

バレエのステップ「パドブレ」を動画でチェック

”移動”を意味する「パドブレ」は、その名の通り移動するパ(ステップ)です。多くがコンビネーションの中でつなぎとして使用され、流れるような動きが求められます。

難しいステップやターンが多いバレエの中では単純なステップのように思えますが、基礎が出来ていないと上手く体重移動が行えないため美しいパにはなりません。パドブレは、単体で踊られるというよりもコンビネーションのつなぎとして使用されることが多いため、様々な形に変形しながらダンサーの元へと登場します。今回は、バレエ初心者がレッスンで学ぶ「クペ・パドブレ」のやり方をご紹介します。

「クペ・パドブレ」のやり方を解説

1.片足プリエ(膝を曲げる動き)で、反対の足をクッペ(足の裏を床からはがし、つま先を伸ばしたまま床から少し持上げた形)する。
2.両足つま先立ちのシュス(足をクロスさせ、内腿を引き寄せ合う)の形にする。
3.足を横に着く。
4.そのまま進んで足を5番に入れながら、プリエする。

それでは、実際にクペ・パドブレを動画で見ていきましょう。

パドブレにはクペ・パドブレ以外にもいくつか種類がありますが、その呼び名や振付はバレエ講師によって多少の違いが出てきます。その理由は、バレエスタイルの違いによるものだと思われます。さらに、パドブレは単体ではなく様々なステップを組み合わせてコンビネーションの中に出てくるため、ステップ名や型があやふやなバレエ初心者にとっては少々厄介なのです。

ここで、パドブレの応用編ともいえる「トンベ・パドブレ・ピルエット」のやり方も一緒に学んでおきましょう。パドブレが左右の移動だけでなく、前後の移動にも対応していることが分かるはずです。

パドブレの応用編「トンベ・パドブレ・ピルエット」


パドブレの前に”トンベ”というステップが付くだけでも、難易度がグンと上がります。バレエでは、ひとつひとつのステップを理解して体に叩き込んでおくことがどれだけ重要なのかが分かりますね!

パドブレのコツ

パドブレは、移動という意味を持つことからも分かるように「体重移動」がポイントになります。体重をどちらか一方の足に残すのではなく、体の軸を意識しながら中心に持ってくることが重要です。体重を移動させるときに腕と一緒に肩が上がったり、背中が抜けたりすることのないように上半身にも意識を向けましょう。

また、パドブレはルルベ(つま先立ち)の姿勢で移動するため、バーレッスンでルルベをしてふらつくようでは難しいでしょう。まずはルルベでしっかりと立つ練習をするのもパドブレのコツといえます。

その他、パドブレは基本的に5番ポジションからスタートするため、いかに美しく5番ポジションに足を入れられるかが鍵になってきます。バレエを始めてすぐに5番ポジションを上手に取ることができる方は少ないと思うので、日々のレッスンで少しずつ上達できるよう努力しましょう。

ジャズダンスやストリートダンスにもパドブレが存在する!?

実は、パドブレはバレエ以外のダンスでも存在するステップなのです!早速ジャズダンスとハウスのパドブレを動画でチェックして、バレエのパドブレとの違いや共通点を見つけてみましょう!

ジャズダンスのパドブレ

ジャズダンスのパドブレは、バレエと同じくルルベの状態で移動します。しかし、バレエのパドブレよりも大きな動きが特徴的です。バレエのパドブレはいかに足先を細かく使えるかが勝負になりますが、ジャズダンスのパドブレは股関節から大きく足を出すことで柔らかいステップを生み出すことができます。

ハウスのパドブレ

ハウスのパドブレには、バレエのようなルルベは出てきません。その代わり、足先を細かく使って滑らかな動きを生み出すという点においてはバレエのパドブレと似ているといえるでしょう。ジャズダンスほど大きなステップではありませんが、ジャズダンス以上にリズムを感じながらステップを踏む必要があります。

まとめ

バレエの基本ステップ「パドブレ」をご紹介しました。いかがでしたか?

バレエにおけるパドブレは、振付のつなぎとして使用されるパということでバレエ初心者さんは見落としがちなステップかもしれません。しかし、パドブレはコンビネーションの中にも頻繁に出てくるため、出来ないまま放っておくと後々苦労するはめに陥るでしょう…。テキトーに片付けないで、正しいポジションを取ることができるように練習しましょう。

パドブレは、ジャズダンスやストリートダンスの中のハウスにも存在する隅に置けない大事なステップです。基礎を丁寧にこなすことは、ダンスの上達への近道です。バレエやダンスの基本ステップであるパドブレをマスターして、今よりもっと素敵なダンサーになりましょう!

この記事をシェアする