実はドンキ店員が覚えなきゃいけないダンスがあった!?ダンス動画が話題


昨日、Twitter上にて公開された【ドンキの店員がまず最初に覚えなければいけない幻のダンス(嘘)】という動画が話題となっているようだ。
こちらの動画を投稿したのは、個性豊かなダンサー5⼈の世界レベルのストリートダンスと、若くして約10年の経歴を持つSHUNのラップを武器に活躍をみせるヒップホップエンターテイメント集団Beat Buddy BoiのメンバーRYO。
動画では、ドン・キホーテの店舗の前でドンキ店員に扮したダンサー5人が聞き馴染みのある「ドンドンドンドンキー」のメロディのリミックスバージョンにのせてダンスを披露!
ドンキの音と衣装に息ピッタリ、キレッキレの本格派ダンスのギャップが楽しめる同作品は瞬く間に拡散され、「完璧に踊れたら店舗のリーダーに昇格しちゃうとか?」「ドンキの店員さんにはレベルが高すぎ」など沢山のコメントで溢れている。

こちらのリミックス音源はメンバーRYO本人が制作しており、彼はMPCという電子楽器を駆使し過去にご当地リミックスなど沢山の音を編集している。

あのCMがイカしたビートに生まれ変わる?現在全国行脚中のBeat Buddy BoiメンバーRYOのご当地MPCが話題。

店舗の音楽をカッコいい音に変化させ踊りが加わればCM効果抜群!?
今後も彼らのバラエティに富んだ動画作品には期待したい。
また、4/14(土) 山形を皮切りに全国ワンマンツアー “Beat Buddy Boi LIVE TOUR 2018「ナカマニア」”を開催する。
スケジュール、詳細は下記特設ページよりチェック!
http://beatbuddyboi.com/bbblivetour2018/

Beat Buddy Boiとは

個性豊かなダンサー5⼈の世界レベルのストリートダンスと、若くして約10年の経歴を持つSHUNのラップを武器に、HIPHOPを「HIP“POP”」と変え、時にはCOOLに時にはFUNNYにお届けするHIPHOPエンターテイメント集団!!
2015年5⽉に「come again」でメジャーデビュー。「come again」ミュージックビデオでは超⼈気モデルの藤⽥ニコルと紗蘭が出演し話題を呼び、デビュー1年⽬にして「MTV VMAJ 2015」で⾒事「NEXTBREAK ARTIST賞」を受賞。
2015年12⽉には、ゲストボーカリストにIMALU、當⼭みれい、ふくい舞を迎え、宇多⽥ヒカル、AI、globe、m-flo、ZOOなどの⼤ヒット楽曲をサンプリング/カバーした、超キャッチーかつダンサブルな1stミニアルバム「JUICEBOX」を発売し、全国ツアーを成功させる。 2016年8⽉3⽇に両A⾯2nd SINGLEをリリース。“109MENʼS”とのタイアップ曲「B-BOIスクランブル」と、全国の中⾼⽣ダンス部⽇本⼀を決定する⽇本最⼤級のダンス⼤会“ダンススタジアム” の公式テーマソング「Firework」を収録。【リリース当⽇にiTunesヒップホップ/ラップチャート1位を獲得】 昨年末には約2ヶ⽉間に渡り、ワゴン1台で47都道府県を周り全国の中学⾼校ダンス部に無料ダンスワークショップを開催。6都市でのファンミーティング〜各地の109,109MENʼSでのライブ〜他イベント出演によるライブと、⽇本中を巡るプロジェクト「NAKAMA PROJECT」を⼤成功に終え、着実に⼈気を獲得しつつ⽇本の⾳楽シーンを刺激し続けている。
2017年3⽉には3rd SINGLE「キセキ〜ウェディングver.〜」発売と共に、4⽉より「NAKAMA PROJECT2」敢⾏!
8⽉にakihic☆⼺、YASSの2⼈が卒業し6⼈体制となるも、さらに⼀丸となってBBBエンターテイメントを世界に発信する!

Beat Buddy Boi オフィシャルサイト
http://beatbuddyboi.com/