オランダ出身のプロデューサー・ハードウェルの経歴&おすすめ曲を紹介

オランダのDJ/プロデューサーハードウェルを紹介いたします。プロフィールや経歴、これまでのハードウェルの活動について、活動休止の理由、おすすめ曲、おすすめリミックス曲など、幅広いトピックでハードウェルを紹介します。

オランダを代表するDJ/プロデューサーの一人、ハードウェルについて紹介いていきたいと思います。
前半にはプロフィールや経歴、後半にはおすすめ曲を含むハードウェルの作品についてラインナップしていきます!

ハードウェルのプロフィール

ハードウェルは1988年生まれ。オランダ、ブレア出身のDJ/プロデューサーです。イギリスの音楽誌DJ Magでは2013年に史上最年少で世界一のDJとしての称号を得て、翌2014年にもその位置をキープした人物で、ウルトラミュージックフェスティバル、サンバーン、トゥモローランドなどの大型音楽フェスでの活躍も目覚ましく、近年ではオースティン・マホーンとの楽曲など、大物アーティストとのコラボも珍しくはありません。

ハードウェルの経歴

アルバム

・2015年 『United We Are』

リミックスアルバム

・2015年 『United We Are (Remixed)』

コンピレーションアルバム

・2010~2019年 『Hardwell presents ‘Revealed Volume 1~10』
・2020年 『The Story of Hardwell』

DJミックスアルバム

・2006~2010年 『Eclectic Beatz 1~10』

これまでのハードウェル

幼少期と音楽活動の始まり

ハードウェルは4歳という若さでピアノを始めるとともに、音楽学校に通い始めたそうです。また、12歳の頃になるとヒップホップのDJとして活躍していたそうです。

ハードウェルと同じオランダのDJ/プロデューサーであるティエストの影響を受けたとし、後にヒップホップDJから、エレクトロダンスミュージックのDJへと転向したそうです。

初期のヒット曲

2011年にシングル「Zero 76」でティエストとコラボし、特にオランダのチャートで上位へと食い込むヒット曲となりました。

Tiësto & Hardwell – Zero 76

2012年には楽曲「Spaceman」がリリース。アメリカRIAAのゴールドディスク認定も受けたヒット曲でした。

Hardwell ft. Mitch Crown – Call Me A Spaceman

アルバム『United We Are』のリリース

2015年にはハードウェルの唯一のスタジオアルバムである『United We Are』がリリースされ、オランダではチャート首位を、またアルバムのリードシングルである楽曲「Young Again」もチャートで上位を獲得するなど、商業的にも成功しました。

Hardwell feat. Chris Jones – Young Again

近年の活動について

2017年には米人気シンガー、オースティンマホーンとのコラボ曲「Creatures Of The Night」をリリースや、2018年EP『Hardwell and Friends EP Vol 3』等の活動がありましたが、2018年9月7日に無期限の活動休止をSNS上で発表しました。
とはいったものの、その後も全く活動してないわけではなく、2019年にも曲のリリースがあったり、イベントの出演もあったりと、以前ほど精力的ではないのかもしれませんが、活動はしているようです。

Hardwell & Austin Mahone – Creatures Of The Night

活動休止について本人はこう語る

私は小さな子供だった頃から、今のような人生を夢見て来ました。音楽を通して、最も純粋な形で自分自身を表現するための自由な人生をです。

私は30歳になるまでに成長しましたが、現在普通の人生の3倍ものスピードでアーティストとしても進化しています。ここ数年、私は自分自身をより良く知るようになり、時間の経過とともに、家族や友人と分かちあうことが必要と知りました。Hardwellとして7日間24時間過ごすということは、殆どの時間をそれらにエネルギーを注ぐ事が出来ない事になります。

これが今後の目標、インタビュー、期限、リリース日などから完全に解放されるようにスケジュールを無期限にクリアすることに決めた理由です。

いつも過酷なツアースケジュールをこなそうと向き合ってきたけれど、終わりのないジェットコースターのようでした。私はいつも200%の力を出そうとしてきました。今後よりクリエイティブになるためには休む事が大事だと思いました。

つまり、2018年9月6日のイビサでの私のツアースケジュールが昨日終わったことを意味します。けれど2018年10月18日にオランダ・アムステルダムのZiggo Domeで開催されるAmsterdam Dance Eventは出演します。

私は今後も音楽を作り続けるつもりで、決してそこから離れないです。今後もそれを通してファンとつながり続けるつもりです。

最後になりましたが、これまでのサポートをファンの皆様に感謝したいと思います。想像していたより多くの形で成長できたのはみんなのおかげです。私の心からの希望は、この旅を一緒に続けて行くことです。私はこれまで以上に強く戻ってきたいと思っていますが、今のところしばらくの間自分のままでいたいと思っています。

ロバート

Hello world,
Ever since I was a little kid I dreamed of the life I live this very moment. A life filled with music, real human interaction and the freedom to express myself in the purest form I know.

I have grown from an ambitious kid with everything to gain into the 30-year old I am today whilst evolving as an artist with triple the speed of my aging process. Over the past few years I’ve come to know myself better and better and over time I realized that there’s still so much I want to share with my family and friends, so many roads I’d like to explore, but being Hardwell 24/7 leaves too little energy, love, creativity and attention for my life as a normal person to do so.

This is why I have decided to clear my schedule indefinitely to be completely liberated from targets, interviews, deadlines, release dates, etc. I’ve always dealt with all the pressure that comes with the heavy touring schedule, but for now, it felt too much, like a never ending rollercoaster ride. I always try to give myself 200% and in order to keep doing that, and feeding my creativity, I need some time off to be me, the person behind the artist and reflect on everything that happened the last few years. That means my touring schedule has ended yesterday on Ibiza on

September 6th, 2018 with a bang. However, I will still do my All Ages show in the Ziggo Dome during Amsterdam Dance Event on the 18th of October 2018.

I’ll keep making music and I will never let go of it and will always aim to continue to connect with my fans through it.

Last but not least I want to thank every single one of my fans for the support so far. It is your love and dedication for all I’ve put out there that helped me evolve in more ways than I ever could have imagined, and I realize that I do owe everything to you all. My sincerest hope is that we will be able to continue this journey together. I want to come back stronger than ever, but for now, I’m just going to be me for a while.

Robbert
TokyoEDM:【Hardwell(ハードウェル)】活動休止を発表!

記事をSNSでシェアする