縄跳びダイエットの激痩せビフォーアフター10選

自粛期間中に、「縄跳び」が流行したことはご存知ですか?ジムにいけなくなってどうしよう…と考えた方々がこぞってはまったのが縄跳び。しかも、かなり明確に効果が出て、モチベーションがあがりずっと続けているということが大半。ここでは、そんな縄跳びを用いたダイエットについてご紹介します。

  1. 縄跳びダイエットのビフォーアフター
  2. 縄跳びダイエットのやり方
  3. 縄跳びダイエットの注意点
  4. まとめ

縄跳びダイエットのビフォーアフター

①たった5日のビフォーアフター

ビフォーの脚も十分素敵ですが
5日間後の脚はちゃんとサイズダウンしてます!ほら!

ご本人は「まだまだ!」とお感じのようですが、数値を見ると1センチ以上サイズダウンしている箇所ばかりです。たった5日で!ですよ!!この結果を見ると、縄跳びダイエットしようかなあ…と思いますね。

②たった一週間で体重ダウン

たった一週間でマイナス0.3キロを達成したんですって!運動が苦手なタイプでも変化できるという良い見本です。

③3ヵ月続けて7キロ以上減量!

縄跳びダイエットとなると、縄跳びを購入しないといけないし外に出ないといけないし…と考えてしまって朗報です。おうちでマットなどを敷いて縄跳びを持たずに行う「エア縄跳び」でも、縄跳びダイエットと同じ効果が得られます。こちらの方は3ヶ月でなんと!−7.4kgの減量に成功されているんです!跳ぶだけなので簡単で、縄跳びが小さいころから苦手だったしなあ…という方でも「エア縄跳び」なら大丈夫!

④10日でマイナス0.8キロ!

縄跳びダイエットを10日間続けた結果、体重-800gとダイエットに成功!脚も引き締まって見えます。

⑤エア縄跳び41日後

41日も縄跳びを続ければ、太ももの間の隙間が目に見えて広くなりますね!

⑥エア縄跳び4カ月後

4ヵ月も続けていけば、ふくらはぎもぐっと引き締まってふくらはぎの間にも隙間ができていますね!筋も入っていて美しい脚です。

⑦5カ月でお腹もサイズダウン

縄跳びダイエットがお腹にもしっかり効くということの分かる写真ですね!お尻も小さくなっています。

⑧9カ月でお尻がぐっと!!!

9カ月続けるとお尻もぐっと上がって、脚が長く見えますね。スタイルアップってこういうことなんだな!ってよくわかるし、羨ましいですよね。

⑨29日で腹筋がわれていく人も!

カッコいい腹筋ですね!

⑩10日で身体が薄くなっている!

横から見た姿で変化がよくわかりますよね!

縄跳びダイエットのやり方を紹介

縄跳びを用意してひたすら跳ぶだけ…が縄跳びダイエットではありません。両足跳びや駆け足跳び、二重跳びといった様々な跳び方を何セットか続けて有酸素運動としての効果を上げる方法や、ひねりなどを加えて部分やせを狙う方法などがあります。
縄跳びトレーニングで「お腹痩せ」を目指す方は以下の記事をご参考になさってください。
お腹痩せに効果的!自宅でできる縄跳びダイエットメニュー7選

20~30分跳び続けることが、縄跳びダイエットの理想の形ですが短縮して効果を上げる方法もあります。まず、ペースをやや上げること。「1分間に60~100回」のペースで跳ぶことが出来るなら、3分間でもかなりカロリーを消費し、脂肪を燃焼する効果や全身の血流を良くする効果が得られます。
あとは、毎日続けること、そして筋肉痛などをさけるために縄跳び終了後のクールダウンやマッサージを行うことも心がけてください。
「脚痩せ」に特化した縄跳びトレーニングのメニューもあるので、「お腹痩せ」のメニューと「脚痩せ」のメニューを組み合わせて日々トレーニングするのも良さそうですね。
「脚痩せ」のための縄跳びダイエットメニューは、以下の記事をご覧ください。
脚痩せに効果的!自宅でできる縄跳びダイエットメニュー8選

縄跳びダイエットの注意点!

縄跳びというのは、腰や膝そして足首に負担がかかってしまう運動です。
ついつい家の前の固いコンクリートの上で縄跳びをしたくなりますが、芝生や土の上を探してそこで縄跳びをしましょう。そうすれば、負担の軽減がかないます。
近所に縄跳びができる場所がなければ、クッション性の高い靴を履くというのも一つの手。しっかり靴選びをすることも大切になってきます。
また、女性の場合は、縄跳びをするときのバストの揺れに注意をしなければいけません。
バストを固定せずに縄跳びをしてしまうと、胸の上下の動きがとても大きくなってしまうのでバストラインが崩れるだけでなくバストが下垂するといった女性として悲しい状態を招いてしまう可能性がとても高いのです!!
せっかく痩せてきれいになるなら、バストの崩れも防ぎたい!だから縄跳びダイエットに挑戦するときは、バストを固定するためにスポーツブラを着用しましょう。
縄跳び終了後にはマッサージを、縄跳び前にはウォームアップとしてジョギングなどをすると、縄跳びダイエットの効果はよりはっきりとあらわれるので、ウォームアップとマッサージを併用して縄跳びトレーニングをしましょう。

まとめ

辛くてしんどいという縄跳びのイメージをお持ちの方も、一度はじめてみてください。はじめてみると意外と楽しくてやめられなくなるという方が多いんですよ!

関連記事