結成20周年記念インタビュー!日本が世界に誇るダンサーHilty & Bosch


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

20年の歴史を持つ日本で最大級のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」において、最小人数及び最年少での優勝を果たし、さらにはイギリスの「UK B-Boy Championships」で初代チャンピオンに輝くなどダンサーとしてこれ以上にないほどの実績を誇るダンスチーム「Hilty & Bosch(ヒルティアンドボッシュ)」。YouTubeでの総再生回数は2,500万回を超える。
彼らには、約2年前、日本に帰国した際にインタビューさせていただいたが、しばらくの活動を経てまたすぐに海外へ飛び立ち、現在はLAを拠点に活動しているという。
そんな彼らの現在の活動内容とは?20周年を迎えるということで、ツアーライブ真っ最中の2人に独占インタビューを敢行。

前回インタビューから約2年

STAFF
以前インタビューさせていただいたのは、2015年でした。
あれから約2年、どのような活動をされていましたか?

ZIN
2年前・・・あっという間ですね。

STAFF
そうですね。
確かその時は東京を拠点にという話をされてました。

ZIN
ちょうど色々と動いていて、東京もその1つで、視野に入れていました。

ZIN
それから1年間は、東京に月2、3回くらい行っていて、冬ぐらいに数年ぶりにアメリカのLAで撮影のお仕事があったんですよ。
久しぶりにいったら、そこでものすごいビビっとくるものがあって。

YOU
インスピレーションを凄い受けましたね。
やっぱりここか、みたいな確信めいたものを2人同時に感じたんです。

STAFF
2人とも同時というのが20年のチーム力ですね。
前回のインタビューのときはドイツでの活動をお聞きしました。その時とは全く違う衝撃ですか?

ZIN
ドイツには、約3年住んでいて、ヨーロッパは、何度も行き来していたんですけど、同じような衝撃はなかったんです。
例えばですけど、アメリカでショーをするじゃないですか?
そしたらダンサーではない一般の人が多いところでも、自分らがダンサーとしてこだわっている部分で沸いてくれるんですよ。
ダンサーならではのポイントってあるじゃないですか?
「えっ、ここが分かるんだ」みたいな。そういうものにすごい反応してくれるんです。

YOU
分かりやすいものじゃなくても、観る人の目が肥えてるのかもしれないです。

STAFF
アクロバティックじゃなくてもダンス的にかっこいい部分で盛り上げることが出来るということですかね。
かといってアメリカ全部がそうってわけじゃないですもんね。

ZIN
LAは特にだと思います。
自分らがはじめていったのもLAだったので。

YOU
若いときに憧れてずっと行ってたんで、やっぱりその文化に惹かれる部分があるのかもしれないですね。

ZIN
LAに住んでる友達のダンサーとかにいろいろ話聞いたら絶対来たほうがいいよとも言ってもらえて、まずビザを取ろうという話になりました。
そういった回りからの刺激も多かったです。

YOU
LAの知り合いや色々な人にめちゃくちゃ助けてもらいました。
自分たちだけではなかなか難しいですね。

ZIN
またビザが大変で、向こうに住んでて取るんやったら分かるんですけど、日本にいながら向こうとやり取りして取ろうとしてたんで、結構時間がかかりました。
無事ビザが取れて、今しか行けないなという気持ちでチャレンジしています。

STAFF
丁度2年前のインタビューの時も、今しかできないと言ってたんですよね。

ZIN
本当ですか!それはそれでどうなんですかね(笑)。

YOU
東京とび越えてアメリカ行ってるな。

STAFF
そうですね。
けど場所がどことかではなく、常に挑戦の姿勢なんだと感じました。

ZIN
確かにそうかもしれないですね。
自分らの中では精神的にも体力的にも、今が丁度いいときなんです。
まだ全く体力の衰えとかも感じないですし、逆に本当に若い時期に行ってたら、今みたいな感情では動けなかったと思うんですよね。

LAでの生活


STAFF
なるほど、そういうことだったんですね。
今は、どういう生活を送っているんですか?

この記事をシェアする