ダンスの振り付けの参考になる!個性的なダンスMV・PVまとめ


ダンスの振り付けは、どのように考えていますか?とにかく曲を聴き込む、体を動かす、頭で考える、紙に書き出す…。振り付け方法は、ダンサーによって様々です。

「振りが思い浮かばない…。」「もう間に合わない!」といった絶望的な経験をしたことがあるダンサーも少なくはないでしょう。ダンスの振り付けに悩んだときは、鏡の前でにらめっこしていても意味がありません。やみくもに深夜練を繰り返しても、気力と体力を消耗するだけ!

そんなときは、歌手のMVやPVを参考にしてみませんか?今回は、ダンスの振り付けの参考になる、ちょっぴり個性的なダンスミュージック・ビデオ(MV)・プロモーション・ビデオ(PV)をご紹介します。1つの振り付けから派生して、新しいアイデアが思い浮かぶはず!

「Tell Me You Love Me」

スウェーデン出身のデュオ、”Galantis(ギャランティス)”が、オーストラリア出身のプロデューサーでありDJの”Throttle(スロットル)”とコラボレーションした「Tell Me You Love Me」のミュージック・ビデオをご紹介します。

3人のダンサーが順番に踊るこのMVは、そこだけをクローズアップするとありがちな内容です。しかし、それぞれのダンサーの音の取り方や解釈が素晴らしい!視覚的にも音を楽しむことができる作りになっているため、振り付けに悩むダンサーは新しい視点を持つことができるのではないでしょうか?

「Chandelier」

”Sia(シーア)”の「Chandelier(シャンデリア)」のMVは、驚がく的なダンスパフォーマンスであまりにも有名です。

こちらは、ナタリー・ポートマンが出演するDiorのCMに使用されている楽曲です。
狂気的、かつ儚げな空気感を醸し出して踊る”Maddie Ziegler(マディー・ジーグラー)”は、アメリカの美少女天才ダンサーです。なんと、このMVの公開当時マディーはまだ11歳というから驚き!表情や、細かい振り付けにも注目したいMVです。

「Forevermore」

”宇多田ヒカル”の「Forevermore」は、ショートバージョンのMVをどうぞ。

このMVは、宇多田ヒカル本人がコンテンポラリーダンスを披露していることで話題を呼びました。この振付を担当したのは、ロンドン在住の振付師である”高瀬譜希子”。両親ともにダンサーの高瀬譜希子の振り付けは、宇多田ヒカルの曲のイメージとぴったりです!

「Alive」

”Sia”の「Alive」は、女優の”土屋太鳳”がダンサーとして出演していることで一躍話題を呼びました。

振り付けは、シルク・ド・ソレイユのダンサーとして広く知られている”辻本知彦”。辻本知彦の振り付けは、土屋太鳳の魅力を最大限に引き出し、圧倒的な存在感を見せつけています。

「Spending all my time」

”Perfume(パフューム)”の「Spending all my time(スペンディング・オール・マイ・タイム)」は、独特の世界観のあるMVに仕上がっています。

曲の途中に出てくる指ダンスは、ダンスの振り付けに可愛らしさが欲しい!と思ったときにおすすめです。PerfumeのMVは、衣装や小道具にもこだわりが満載!ダンスの振り付けの参考になるMVは、なにも海外アーティストのものばかりではありません。日本にも素敵なMVは溢れていますよ!

もうダンスの振り付けに悩まない!


ダンスの振り付けの参考になる、個性的なダンスMV・PVをご紹介しました。いかがでしたか?

ダンスの振り付けは、1度立ち止まってしまうとなかなか浮かんでこないため、イベントが近づけば近づくほど焦ったりイライラしたりしがちです…。でも、そうなると余計に振り付けは浮かんでこなくなってしまいます。

そんなときには、外から情報を取り入れる柔軟さも必要です。それは、人の真似をすることではありません。新しい音の取り方や身体の使い方を参考にして、視野を広げるということ!

これ以上、ダンスの振り付けに悩んで、スタジオに重い空気を運ぶダンサーが増えませんように!(笑)

この記事をシェアする